速報!1月16日Fのライブ決定!

  • 2010/01/12(火) 00:09:47

楽しみ〜〜〜〜

てんつくまんさんの映画の挿入歌を歌っている
「F」さんが、出演されるそうです(^0^)/
シークレットだそうです!

これ、シークレットになってます?

知〜〜〜らないっと(笑)


てんつくさんの強い要望で実現できたそうです!


私も生で歌が聞けるなんて、最高〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


みなさん、これはすごいです!


楽しみに来て下さいね〜〜〜〜(^0^)/

しないのとできないのは違う★

  • 2010/01/12(火) 00:08:42

高校生の頃、パン屋さんでアルバイトをしていました。

私は、厨房でサンドイッチやサラダを作らせてもらっていました。


高校時代の友人たちとアルバイトしていたのですが、私たちバイトのメンバーだけで、日曜は、休日出勤し、自分たちのチョイスでホットドックや、サンドイッチを作り、近くの動物園に配達したりしていました。


動物園の売店に届けたサンドイッチを、美味しそうに食べてくれる、家族や子供さんの姿を見てに、バイトの友達と、満面の笑顔で喜んだのを覚えています。



また、バイト先の近くに、孤児院がありました。


そのパン屋さんは、一月に一度、その孤児院に、サンドイッチ用のパンを、プレゼントしていました。


ある日、私一人で、自転車にパンをたくさん積んで、配達することになりました。


サンドイッチ用に薄くスライスし、後ろに積んだパンを落とさないように、パン屋さんの制服のまま配達に行くと、その施設の入口の門のところで、
中学生の男の子が学校から帰ってくるのに出会いました。


彼は立ち止まり、
深々と私に
「ありがとうございます」と頭を下げました。


高校生の私の時間が止まりました。


そのお辞儀がら形だけでなかったから。


私は、ぼ〜〜っとしたまま、中に入ると
ガラスごしに、食堂が見えました。


四、五人の乳児が、一人の大人の方を囲むように椅子に座り、その方が、順番に離乳食をあげていました。


女性の園長さんが、受け取りに出て来られ、御礼を言われました。


周りの子供たちが、園長先生に
「お母さん」と呼んでいました。
その呼び方にサンドイッチだぁ〜〜って、楽しい空気が漂っているように感じました。


私の中であのときの数分が、時が止まったままずっと存在しています。


あの高校のときの私は、あの子供たちが、どれほどサンドイッチの日を楽しみにしているか、

そして、その一日がこどもたちの人生の笑顔の増える日なんだ

そんないろんな思いが、高校生ながらにどっと感じ、


大人になったら、絶対に、サンドイッチのパンを一月に一回プレゼントする

絶対する

そう誓いました。


今もまだ誓いつづけています。


できることなのに、今だにできずにいます。


やり方がわからない

そんなつまらないことが頭にあって、実行できない思い



「やりたいことで

できない理由は何もない

あるのは、しない理由だけ」
とピョンキチは言いました。


マザーテレサも良いことをするのに、躊躇はいらない〜と。


今年、高校生からの思いを大切に再検討して実現したいなぁ

新春の報告★

  • 2010/01/12(火) 00:06:48

五日の夜、伊勢の五十鈴川で、初めての禊ぎをしてきました。
中山先生に、「私は、禊ぎだけは、やりませ〜〜ん」と宣言していたのです。
なんとなく、寒がりの私は、本当に死ぬ気がして。

しかし、みなさんの薦めで入ることに。

水に、えい!と入ったとき、息ができず、パニックになりそうでした(笑)

この感覚知ってる!

「こう言うときは、腹をくくるしかない!」と、寒さに抵抗するのを止めたら、とても楽〜になりました。

新年の学びは
「抵抗を止(や)める」

つまり、受け入れるとかと言う感じと同じですね。


今日、スピリチャルカウンセラーの友人にお会いしました。

「ふ〜ちゃんは、階段の途中で、自ら、ドアを作り、鍵までかけて、後ろ振り返ってるよ」
って(笑)


私の人生、
うまく行きかけたら、そこそこで、ダメな自分を探して、ぐちゃぐちゃやるパターン!ばかりf^_^;


まさに、今それをやってたので、その友人の方のフィードバックがピッタリで、笑っちゃいました。


自分で止めたり、鍵閉めたりって、自分のパターンで、先に進ませないってエゴですね(笑)
一つも、天に預けきっていない。
自動的な、役に立たない過去に取り入れた判断が下されてました。



あずけきるって、抵抗もしないで
そのままいることってわかってたのに、またまた自分に、楽しいことや、喜びを与えるのを制限しているのに気付かせていただきました。

「今日でこのパターンや〜〜〜めた!」


自分を愛することの大切さを、知ってても、やってないもんだなぁ〜って、新年そうそう気付かせていただいて、幸先うれしい日になりました

おけましておめでとうございます^^年明けは1月16日から〜〜

  • 2010/01/03(日) 22:33:35

みなさま

新年あけましておめでとうございます。

どうぞ今年もよろしくおねがいいたします[m:49]


今年も、、、、年賀状がきちんと出せず><

年々、親族からの年賀状の減少に自分のだめさを思い知るこの時期で

ございます〜〜〜[m:57]


今年はどんな年になるのかわかりませんが、こどもが大きくなるほど、

違う意味で、目も手も離せなくなりますね〜

おかん督の、キャパいっぱいいっぱいで、

自分との戦いが続いた昨年でしたが、今年は、

自分との和解の年にしよう^^って思っています。

で〜〜〜

1月16日、、、と〜〜っても楽しみにしているイベントです。

どうぞどうぞみなさま、

お越しくださいませ。


てんつくさん、文昭さんも告知してくださっています^^

みなさん、お待ちしていま〜〜す。

しま平さんからの報告で〜す。

ふ〜おかん、、、、年末年始、おかんしてました(笑)

では以下、、しま平さんから〜〜〜




しま平です。



ふ〜おかんが、知ってるかよう分からんので、

今の動きを連絡させて頂きますね〜



●てんつくがメッセージビデオをくれました。

動画のアドレスは、
http://www.youtube.com/watch?v=t2fP2S_3RRU
です。

てんつくが妖怪に見えてきたっす(笑

●中村文昭さんがホームページに載せてくれました。

中村文昭さんホームページが更新されました。
http://fumiaki.exblog.jp/13312283/796004



以下、てんつくのメルマガです。
-----------------

龍馬さんが肉体を離れた京都からワンダフルアフタヌーン。

昨日も嬉しいことがいっぱいあってん。

昨日の上映会はトークも全部テロップを入れてくれる心使いが嬉しかったね〜

さらに今迄は龍馬さんのお墓に手を合わしててんけど、昨日は龍馬さんの御霊が
祭られている神社が隣にあることを教えてもらって、手を合わし来年やることを
伝えてきてん。

メッセージがあれば伝えて下さい。

って伝えたら、龍馬さんが出て来てお酒をついでくれてん、そんな気がしてん。

そして、一言。

「好きなようにやればいい」

って言ってくれた。

こんなことは今迄一度もなかった。

だから、嬉しくて嬉しくてしょうがなかってん。

もっともっといろんなことをやろうって気合が入った。

行くぞ〜同志よ!

時は今だ〜。

この肉体での人生は一度っきり。

ならば、誰になんと言われても全部、自分で決めて、後悔なく生きてゆこう。

それを、教えてくれたのは、一本の映画「1/4の奇跡」。

やっと観れた。

監督の入江さんが、天国はつくるもののパート1を観てくれて

「私も映画創ったろ〜」って思い創ったという映画。

感想は「ありがとう」やった。

ほんまに素晴らしい映画をこの世に産み落としてくれはった。

この映画はどれだけの命を救っていくのだろうか?

今という時代に本当に必要なメッセ−ジがいっぱいいっぱい詰まっている。

絶対に観た方が良い。

というか、人間は全員みなアカンのとちゃうかな?

もしも、この映画を観て感じた心をみんなが大事に出来たら、間違いなく世界は
変わる。

もっともっとやさしくなる。

いやぁほんまに素晴らしい映画やわ。

http://www.yonbunnoichi.net/

この作品もうちの映画と一緒で自主上映という形で出来るから、ぜひ、上映して
みて。

障害を持っている人だけでなく、宇宙病の人もすんごい救われると思う。

今、もしも、父ちゃんのところに宇宙病の人が来たら、まちがいなくこの映画を
お薦めする。

映画の中に出てる、養護施設で働くかっこちゃんが、こんなことを言っていた。

もう、この人が素晴らしいのなんの。

人はみんな顔が違ったり、足が速い遅いように、心だって優しかったりイライラ
したりもある。

手や足や顔と同じでいろんな心がある。

一緒だよって。

だから、足が遅い人がいるように、イライラする人がいたって普通だよって。

そして、その人達はいつもイライラしてる自分が情けなくて自分を好きになれな
くって苦しんでるって。

ほんまにそうやな〜って思ったな。

イライラしてる自分って大嫌いやもんな。

なんらかの理由ですぐにイライラする人ってしんどいんやろうなって。

この映画を観て、もっと相手のことを考えようって思った。

いやぁしかし、ほんまに素晴らしい映画を創ってくれはった。

すでに3万人近い人が観てるというこの映画。

日本の誇れる一本の映画やね。

そんな入り江監督と、中村文ちゃんと一緒に1月16日にトークライブをするの
で、深い話がいっぱい聞けると思うよ。

満席になると思うので予約はお早めに。

今日は来年から一緒にめでたい世の中を創ってゆくMAKE THE HEAVENのスタッフも
募集するので最後まで読んでちょうだい。

●○●○●○●
チーム『宇宙(そら)の約束』
 ☆てんつくマン×入江富美子監督×中村文昭氏 奇跡のコラボレーション☆ 〜
すべての人が認めあえる世の中へ〜
●○●○●○●
『過去・現在・未来さえも変えられる『感謝』という魔法』
2010年1月16日(土)
<開場>11:00
<開演>11:30
<終了>16:30
 
てんつくマン講演
中村文昭氏講演
入江富美子監督講演
てんつくマン×入江富美子監督×中村文昭氏コラボレーショントーク

◆会場◆ 東京都練馬区 練馬文化センター小ホール西武池袋線、西武有楽町線
、都営地下鉄大江戸線練馬駅北口より徒歩1分

<前売り>
大人:3,000円
ペア(大人2名):5,000円
高校生以下/障がい者:2,500円 未就学児:無料
<当日>500円アップ
◆お申し込み◆
ホームページの入力フォームか、メールアドレス、または電話/FAXにてお申
し込み下さい。
◆主催/お問い合わせ先◆チーム『宇宙(そら)の約束』事務局
ホームページ:http://soranoyakusoku.didit.jp/
メールアドレス:kiseki☆didit.jp(武市)
※迷惑メール対策の為、☆を@に置き換えて下さい。 電話:090-4518-4489
FAX:047-353-6657 (服部)【募集要項】