佛光院へ撮影

  • 2009/07/22(水) 11:20:59

昨日は大石順教尼さんが作られた京都にある佛光院に南先生ご夫妻
そして先生の親しいお友達の方、三味線で日本一に輝いた岡田修後夫妻とで
訪れました。
昨日はすごい雨でした。順教先生は、両腕を切られた日もどしゃぶりで、亡くなった日も
どしゃぶりで雨女なのだそうです。私は、その雨に、「順教先生、迎えてくださったんだ」そんな気持ちになりました。

映画制作のご報告などに訪問させていただいた昨日は、順教先生の月命日でした。
遠くからいろんな方がお仏壇をお参りされていました。

大石順教先生のお仏壇を参れる、、、そのありがたさ、、。

そしてその日は、順教先生を慕われ、今も伝え続けておられる石川洋先生もこられていました
http://www.touyukai.com/index2.html

高校生の時から、南先生が石川先生ととも講演をされていたのです。

石川先生はお仏壇の前で
「南さんが最後のお弟子さんです。最後のお弟子というのは最初のお弟子さんと同じくらい大切なのです。
この最後の弟子から次に伝えられていくのです。
順教先生の復活です」

と涙ながらに語ってくださり
私に
「この時期にこの教えを伝えられる映画を作られるということ、、
なんと尊い仕事をいただかれたのでしょう、、、どうぞよろしくおねがいいたします。
そのすばらしさを忘れないで下さい」そう言ってくださいました。

南先生も泣かれていました。

私は、心も体も、、、全身で頭を下げ続けたいほど感謝の気持ちでいっぱいでした。

南先生には完全に順教先生がやどっておられるのだと思いました。

別の人生で別の生き方をされているお二人に流れるなにか同じ感覚、、、、

今、こうして南先生ご夫妻と過ごさせていただくありがたさに感謝いっぱいです。

しかも、南先生ご夫妻はと〜っても面白い方で、今回もやっぱり楽しい撮影なのです。


そしてその後、順教先生と交流に深い方からリチャードギアのお話を聞きました。

順教先生のお話をたまたまその方から聞いたリチャードギアは、是非j順教先生の映画を作りたい、、そう言って涙をながされたそうです。

もちろん、通訳の戸田奈津子さんも感動されて、順教先生の描かれた書を、欲しいとおっしゃったそうです。

今度、戸田さんを通してリチャードギアに連絡し、お会いすることがあるそうです。

そのときには私に声をかけてくださるそうです。

わたしは南先生の映画を見ていただきたいと思いました。

そして「1/4の奇跡」をリチャードに渡して下さい、、とお預けしてきました。

リチャードギアは、アメリカの911事件の後のスピーチで

「いまこそ、許す心が大切です」とスピーチし、アメリカでブーイングだったそうです。

その心が、自分の両腕を切った義父を許し、供養した順教先生のお話感動されたのだと感じました。


私は、その後、順教先生が作られた家を訪れ、「芸術家だったんだ」と感じました。

家もお茶室も全て自分でデザインされているのですが、それは、知恵が満載なのです。

先生の寝られていた場所に触れました。

先生が亡くなられたという部屋では涙が出、畳に座り込みました。

まだそこにおられるようでした。

帰りに私はこう思いました。

「順教先生の目線で、南先生の映画を作らせていただこう」

順教先生にとって、中学生だった南先生が本当にかわいく、いとしく今でも気になる存在だったにちがいありません。

そして先生の教えどおり、今幸せにいきておられることを、喜んでみておられる気がしました。

順教先生は亡くなる前に肉声で、お葬式の挨拶を残された粋な方です。
「私は、地獄にはいきません。天国にもいきません。
三途の川でみなさんをお待ちしています」

そうおっしゃったそうです。
なくなられても、残った方たちを思っておられたのでしょう、、。

私は全身に順教先生を感じました。「この映画は守られてる」そう感じました。


私が用意するものはなんでしょう、、先生
「信じる心だけ用意しなさい」

そのほか、いろんなことを感じました。
私が思う以上に学びが多い制作プロセスになりそうです。

「こだわりをすてること」
「ユーモアをわすれないこと」
「いつもすきっとしたいでたちでいること」

そんな軽く楽しいバイブレーションを感じました。

そうです。本当のことは深刻では全くないのです。

ありがとうございました。




今日も素敵な出会いが☆

  • 2009/07/11(土) 03:08:14

今日、3時ごろ突然、南先生からお電話をいただき

タイのプラティープウンソンタムさんと言う方の講演に行かれると

言うことでした。

編集しながらも、熱くてぼけぼけしていたのですが、

「らじゃ〜!」

さっそく用意を、、、。


南先生も福祉活動されているのですが、

プラティープ・ウンソンタムさんとお知り合いだからか

20年前、タイでの個展では、赤じゅうたんがしきつめられて

国賓扱いで迎えてもらえたそうです。

この方はアジアの「ノーベル平和賞」をもらった方なのだそうです。

ご挨拶したら、撮影してもいいですよ^^ってとても優しい方でした。


急遽、子供たちのお稽古を休ませ、おばあちゃんちに子供たちを預け、

カメラ担いで出動してきました^^

「おかん督」頑張りました〜

そこのこられていた南先生のご友人、、、!

みなさんが伊勢の中山先生とつながりの深い方で、

みなさん、私が映画を撮ることを

大喜びしてくださいました。

そしてその場で映画を知ってくださっている方も

おられ、写真を撮っていただきました。

左が
プラティープ・ウンソンタムさんです^^


このポーズは平和のマークみたいです^^









プラティープ・ウンソンタム・秦さんについて  
   
Prateep Ungsongtham - Hata

 バンコク(タイ)・クロントイ地区のスラムに生まれる。幼い頃から苦学し、4年生で小学校を卒業後、工場や港で働く。その後、「教育こそが生活を大きく変える原動力になる」との確信を抱いて教師を志し、夜間学校に通う傍ら、16歳の時に自宅の一室を開放して学校に行けないスラムの子供たちのための『1日1バーツ学校』を設立。立ち退きを迫る当局との間で住民たちと共に10年間の闘いの後、タイで初めてスラムに公立の『バタナー(開発)共同体小学校』を設立する。その業績が認められて1978年にアジアのノーベル賞といわれるラモン・マグサイサイ賞を受賞。その賞金で、ドゥアン・プラティープ財団を設立し、現在も事務局長を務める。また、1992年に起きたタイでの民主化運動ではリーダーとして活躍し、97年に民主的な憲法が起草されるきっかけとなった。その後、2000年3月にタイの歴史上始まって以来初の上院議員選挙が行われ、バンコクから立候補、当選を果たした。現在は、社会開発・人権保障委員会などに関わって、人権や麻薬などの貧困に関する問題解決に奔走している。

続きを読む

11月2日文昭さんと

  • 2009/07/11(土) 03:06:22

とうとう、中村文昭さんとの

ジョイントが決定しました〜^^

以下、内容をいただきましたので添付します〜

私は、4時位からお話だそうです^^


楽しみです!


開催決定☆

ご縁の達人・中村文昭とサンマーク出版のコラボレーション
09年秋 いのち生命の輝き発見セミナー
生き方見本市

「誕生」から「死」という誰もがとおる長い時間のなかで、
人生を輝かせるために必要なこと――。
どうすれば「いのち」が喜ぶのか?
「誕生」から始まり、各世代ごとに必要な生き方を経て、
「死」という旅立ちの瞬間、私たちは何を思うのだろうか?
中村文昭が各界のスペシャリストたちを招き、
その生き方にふれながら、人生で大切なものに迫っていく!
今まで見えなかったものが、必ず見えてくる 怒濤の5時間ライブ!

【日程】2009年11月22日(いい夫婦の日)
午後12時開場予定(午後19時終演予定)
【場所】東京国際フォーラム B7会場


中村文昭が、あなたの心の扉をノックする!

詳細はサンマーク出版メールマガジンにてお知らせいたします。
今しばらく、お待ちください!



ということでした。

おもしろそうです〜

明日は仙台です☆

  • 2009/07/11(土) 03:04:04

みなさま〜
初めて仙台に講演させていただくのですが、
告知がなかなかできていないそうなのです〜
ご協力いただけたらうれしいです。コピペ歓迎です^^

宮城県・仙台市 【入江富美子監督】講演あり

【イベント名】: 「1/4の奇跡 ~本当のことだから~」自主上映会&入江富美子監督講演会

【上映日】: 2009年 07月 12日(日)
【時間】: 第1回上映会 13:40 〜 15:40 (開場 13:20)
     監督講演会 16:30〜18:00 (開場 16:00)
     第2回上映会 19:00〜21:00 (開場 18:30)

【会場名】: せんだいメディアテーク 7階スタジオシアター(仙台市青葉区春日町2-1)
【会場定員】: 180
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 上映会 大人1500円、 講演会 大人2000円
【割引料金など】: 上映会 高校生以下500円、 講演会 高校生以下1000円

【主催者(団体)名】: 株式会社いきちか/椎木秀行(シイキヒデユキ)

【受付HP/Blog】: http://ameblo.jp/ikichika/entry-10275092674.html
【受付E-MAIL】: info@ikichika.com
【受付FAX】: 022-397-7398
【受付電話】: 080-7015-7086
【連絡事項】: 株式会社いきちかのHPはhttp://ikichika.com/




どうぞよろしくおねがいします〜

明日は愛媛☆週末はすごい!

  • 2009/07/04(土) 00:26:58

今日は、家で南正文ドキュメンタリー制作で、

新しいメンバー斉藤さんが家に来てくださいました。

斉藤さんは、「中村久子物語」の監督さんでもあります。

もともと、おのっちが斉藤さんの仕事を手伝っていたので、知ってはいたのですが、
先日のエハンさんの初上映イベントの後、帰りの新幹線が一緒になって

意気投合!

好きな映画とか、心に感じることを話すだけで、打てば響くっていうか、

似すぎ????ってくらい、大笑いしながら帰って来ました。

「手伝うよ〜なんでも言ってや〜」

という軽いのりがいい感じで、、、^^

まぁ、二人とも、ぶっとばし系です[m:209]

そして今日、いろいろ話してたら、もうやりたいこと、全部やろう!

って気持ちになりました。

斉藤さんにフォローしてもらいながら、「光彩の奇跡」

でお世話になった前田さんも手伝ってくれるので

旧ドリカム状態です^^

前田さんも映画監督で、ツタやとかにも映画おいている人です!

でもこのお二人が、また腰が低い!

前田さんなんて「仲間にいれてくださ〜い」って言ってくださって

本当に軽いバイブレーションで、思いっきり遊べそうな感じです。

私の今度の作品の真剣な思いを受け取ってくださり、

真剣にフォローしようとしてくださっています。

今度、3人で打ち合わせしよう〜っと盛り上がっています!


私が、南先生と出会ってから2年間、、ずっと浮かび続けていた映像の

断片が、再現できるようにしたいのです。

決して、かっこいい映画を、、、とか、技術に走りたいのではなく、

心にぐわ〜って浮かんでいるものを、丁寧に何年たっても

心を込めてつくったのが伝わる作品にしたいです。

だから、やってみます!

ポイントポイントの映像だけを書き出しただけで、

「もう話できてるやん!」って感じでわくわくします。

夜になり解散!


それが終わったら、3時間DVDの最終準備にかかりました。

10時終了!

それが終わって、、、、明日の準備です!

明日は朝から飛行機で愛媛です^^

大好きな合田さんや、加藤さん、武田さんに会える〜〜って思うだけで

テンションはあがります。


さらに3時間の講演内容を構成してテキストにして印刷。

ちょうど、3時間DVDを編集していたおかげで、

主語が抜けてわかりにくいところとか、いろんなものが見えてよかった

なぁって思います。

新しい話満載なので、きっときっと時間足りないぞ〜〜〜

あ〜〜〜楽しみです!みなさん、待っててね〜

愛媛の夜は寝る時間は用意されているのだろうか(笑)

楽しい愛媛なのですが、

翌日も映画1日4回上映で挨拶をしますので、

しゃべり続けの二日間です^^

そして月曜は、南先生の撮影!

水曜日は「1/4の奇跡」を私立の学校に行き、の先生に伝えに行きます。

映画人生な私、、。


一方トリウッドでは、今日は靖子ちゃん、明日はタケオさん、

タケオさん一人なので、みかさんが行ってくださいます。

なんて連携フォローなんでしょうか[m:55]

ありがたいよ〜〜

そして日曜日はみさちさん^^


盛りだくさんな週末です☆