オーストラリアで光彩の奇跡初上映の感動☆

  • 2009/05/05(火) 22:23:07

オーストラリアのディアンシンゆりやさんが、上映会を主催してくださいます。

ゆりやさんも2年生と5年生の二児のお母さん。

こどもさんを連れて上映会をしてくださっています。

私は、最近、私が私としてこどものおかげで今、こうして頑張れるって

ことをしみじみ噛み締めています。

ゆりあさんのメールを見て同じだなぁって思い、感動したので、

読んでみてください。

そしてオーストラリアの上映会、、、お知り合いがおられたら、是非お知らせいただいたらうれしいです。

ではゆりやさんの上映のお知らせメールから、、。

@@@@@@@@@@@@@@@@

私が今この年になって、確信している事の一つは。。。。。。
自分に起こることは全て「自分の責任」であること。
そして、何かを変えたければ、また誰かに「こう変わって欲しい。」と思った時、それは「自分が変わること。」でしか変えられない事。「自分を見つめる事。」「自分を知ること。」の大切さです。でも、とっても難しいのです。これは、私のライフワークです。


「光彩〜ひかり〜の奇跡」を観て、私が思ったことがあります。


「1/4の奇跡」の上映会をしようと決めた時には、ただただ「この映画を沢山の方に観てもらいたい。」その自分の気持ちに従っただけでした。理由は考えませんでした。


一連の映画を上映するうちに、「誰かの力になれたらいいなあ。」とか、「少しでも人に幸せを感じて欲しいなあ。」とか、そんな風に思っていました。


でも映画を観て、そんな風に思ったことは、何て傲慢だったんだろう。。。。。「人のため」ではなくて、これは、私が成長するために与えられた機会なんだ。。。。。そう思いました。


今思うことは、ただただ映画を皆さんとシェアーしたい。。。ということです。
これは、初めに私が抱いた気持ちと変わりがありません。
この映画が「誰かの力になれる。」とは限りません、この映画を観て「幸せを感じてもらう。」とは限りません。それは、観る人、一人一人受け止め方が違うのですから。。。。


それでも、沢山の方に観て頂きたい。。。。。そう思っている私です。

ディアンシンゆりや Yuriya Diancin


【イベント名】: 映画「光彩~ひかり~の奇跡」上映会
【上映日】: 2009年 5月 23日(土)
【時間】: 16:00 〜 17:30 (開場 15:30)
【会場名】: Dogherty Centre in Chatswood(7 Victor St, Chatswood)
【会場定員】: 100人
【英語字幕】: なし
【入場料金】: $15

【主催者(団体)名】: ディアンシンゆりや

【受付E-MAIL】: こちらから
【受付電話】: 0425-271-047(Mobile)
【問合せ連絡先】: 0425-271-047(Mobile)
【連絡事項】: なるべく多くの方に観て頂きたいと思いますので、「小さいこどもがいるから、行かれないわ。」という方の為に、KIDS ROOM(お子様1人につき$5)を準備します。


どうぞみなさん、、応援してくださいませ。。。

昨日は小豆島、明日は横浜☆

  • 2009/05/01(金) 08:25:55

昨日、おとといと小豆島で、講演させていたきました。

てんつくまんさんの元気の種村で、です。

今回が配給とか運営についてもいっぱいいっぱいお聞きしたいことも

あり、メンバー全員も、レンタカーを借りていってきました。

みんなで踊って歓迎してくださり、食事も用意してくだあさったりで、、歓迎の気持ちがいっぱいいっぱい伝わり、
なんだか「違う部族」同士の交流って感じで、
おもしろかったです。

村の手作りの建物とか、山の中はなれていない私は、
ちょっと未開の地に足を踏み入れた気持ちになりました^^

一番、思ったことは、みなさん、、若い!!!
そして、映画を見た後、シェアー会をしたんですが、
そのとき、自分は引っ込みじあんだったし自信がなかったけど、
ここに来て、今は毎日がハッピーなんだ♪ってお話をいっぱい聞けて
感動でした。

夜な夜なみんなでいっぱいお話し、翌日はやおよろずやの、

萩本さんに小豆島を案内していただき、数時間で、本当に楽しい観光をさせてくだいさました。

午後は、事務所にお邪魔し、運営についてのお話、、。

海の家みたいな一軒やで、みなさんが集ってお仕事されていましたがとっても楽しそうで、ハッピーな感じが充満していました♪

私たちは、全員、今はまだボランティアとして、めい一杯の

自分の担当を各自の家に満ちこみ、ばらばらで運営しています。

だから、みんなとの連携とか、何が起こっているのかとか、

全然わからないのです。メンバーがどんな気持ちなのかとか

話す時間もなく日々、走りすぎている、、。

そんなことを話すうち、小豆島のみなさんから

「ばらばらに活動しながら、しかも、全員が今までずっとボランティアで
続いていることが信じられないです、、すごい〜〜」

って言ってくださいました。

それで、初めてみんなが、自分たちを誉めよう[m:49]って思えました。

できていないとこばかり見ていましたから、、、。

そして、てんつくさんのスタッフの方と

「わ〜〜同じ道をたどってる〜(笑)」ってこうやって映画が拡がるプロセスでの喜び、悩みを共有し、
映画も活動も違うけど、一緒になんでもできそう^^

ってくらい、大好きになったし、仲良くなりました[m:49]

私たちも、事務所を借りるのは無理でも、ボランティアでやるのには、

生活の大半が配給時間になっている今、いくらかでも各自の活動費が出るように考えていかないと、、と
リーダーの靖子ちゃんも一生懸命組織作りをかんがえてくれています。

これも大切な学びだなぁと私もこれを経験してもよう♪って思っています。

本当に素晴らしかった、小豆島でした。

夏は、個人で行って見ようと計画中です^^

そして明日は、横浜です。
舞台挨拶します^^よかったらお越しくださいませ。

【横浜】シネマ ジャックエンドベティhttp://mixi.jp/view_diary.pl?url=http%3A%2F%2Ftaiyo080224megumi.blog82.fc2.com%2Fblog-entry-286.html&owner_id=23201350
にも紹介されています。


ありがとうございます。