天孫降臨!!!

  • 2008/06/15(日) 22:09:27

今日、講演の帰りデパートによると

「父の日ですよ〜〜〜〜」と呼び込みの声、、。

私には関係ないなぁ、、、、。お父さんいないし、、そう思って通りすぎました。

その後、伊勢の中山靖雄先生からお電話いただきました。

「ふ〜ちゃんに伝えないといけないことがあってね。

お父さんいるでしょ。おとうさんの好きな食べ物でも買って帰って」

そういわれます。

「先生、、父の日、私には関係ないんです。いないので」

先生は

「6歳の時なくなったんだよね。肉体はいないけど、お父さんはいるんだよ。お父さんがいるからあなたがいる。どんなお父さんだったかではなく、お父さんだからありがたいんだよ。

お父さんの好きなものを少し高いところにおいて、子ども達と一緒にこれがママのお父さんが好きだったものだよ。みんなでいただこうね。

そう言ってみんなに分けてあげて、、、。

お父さんがいて、ママがいるってことを伝えて。

それが天孫降臨なんだよね」

っておっしゃいました。

う〜〜〜〜〜〜ん。私はうなりました。

私はお父さんが早くに亡くなって意識が薄くておろそかにしていました。

でも父がいなければ私は存在しない、、、。

だから父がいてくれたことだけで感謝なんだと教えてもらいました。


そしてその感謝が天でつながってお父さんの心が喜ぶ、、。

なんてうれしいことでしょう、、。

なんだか、涙がでました。


「おとうちゃん、、ごめんね。ごめんね。」

忘れてしまっていたこと、、、私には関係ないって思ってしまったこと。いろんなことにごめんなさい。

今日はお父さんがいてくれたことに感謝して寝ようと思います。


いつもそうですが、中山先生はこうやっていつも映画を作る私にいろいろ心についてお話してくださいます。


そのたびに映画にそのエッセンスが入るのです。

先生に

「先生、、、先生は私の映画の影のプロデューサーです[m:49]」

そうお伝えしています^^

「いつでも思いついたら帰っておいで。なにも心配いらないから」

そう言ってくださいます。

私は先生の言葉のひとつひとつが大好きです。

押し付けて教えていないのに、感謝が溢れてくるお話、、、。

みなさんにもお伝えしたかったので、、、、。

ありがとうございました。

データが消えた!光彩の奇跡

  • 2008/06/15(日) 01:22:25

今日、コンピューターがフリーズし、再起動したら、

完成まじかの映画のデータが全部消えていた、、、。

なんど再起動してももうだめ、、、。

体が振るえ、、、なんとか上映には間に合わせなければ、、、。

靖子ちゃんにすぐ、震えながら電話した、、、。

「靖子ちゃん、、データ全部消えてん。上映日まで、私しばらく編集にこもるから、、、。どうしよどうしよ(泣)やるしかない、、、」

わなわな震えました。

「なんか、方法ないの?」と靖子ちゃん、、、。

「バックアップ取れない容量だからないねん。だから試写会で作った映像をみながらもう一度、映像を組みあわせるわ」

そういう私に
「メーカーに聞いてみたら?」

よし!とばかりに購入先の会社に電話、、、。

すぐ電話に出てくれた、、、。

半泣きで、事情を話すとひとつひとつ説明してくれるが、私はもうだめだ、、、と思っているので体が震えている、、、。

ところが、
「パソコンならデータが飛んだらもう終わりですが、この機械は過去に保存した履歴が残るんですよ。だから保存したことがあれば少しは修復したものが復帰できます」

まじまじまじ〜〜〜〜〜〜。そんなんできるの??????


そして復帰出来ました〜〜〜ばんざ〜〜〜い[m:87]

このときの感動と解放感は素晴らしかった、、、。

もう全てのもの、ことを許す〜〜〜〜[m:49]

あ〜〜〜〜〜あんなに完成真じかまで編集しているときは、時間ない〜って追われていたのに、

もう一度、一からやり直しだ!と覚悟を決めた後に、編集内容が復帰できたとたん、「時間ある〜〜〜」に変わった。

私、、、、余裕〜〜〜

明日は1時半の講演までに2件の打ち合わせが入っている、、、。

その前には朝の様子をちらっと撮影に行く、、。


時間ある〜〜〜〜[m:47]


あれほど恐れていたデータの消滅!!

履歴で残るのがわかってから、心に平安が、、。

これまでのデータが飛んだら一巻の終わりだ!と抱えていた2年間のストレスはなんだったんだ。。。

あ〜〜〜怖かった><

帰ってきた夫にそのことを話すと大笑いしながら説明書読んでくれてます。

説明書読まないんですよね〜〜〜私><

でも今幸せです[m:49]

6月21日エンドロール終了です^^

  • 2008/06/13(金) 23:54:36

みなさま〜〜
ありがとうございます。
協賛金いただきました、みなさまはイベント当日のパンフレットとエンドロールにお名前を載せさせていただきます。

尚、エンドロール制作のため、一旦、締め切りを6月21日とさせていただきます。
それ以降協賛いただいた方は、当日のエンドロールには間に合いませんので、初イベント以降に加えさせていただきます。


もしもしもし、、、協賛をかんがえてくださっている方、、、、
お早めにお申し込みいただけたらうれしいです。

本当に満足できる作品に仕上がってきています。
わくわくします。

どうぞよろしくおねがいします。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
自主制作映画 「光彩〜ひかり〜の奇跡」の協賛金のお知らせ

光彩〜ひかり〜の奇跡 制作委員会では、サポーターを募集しています。
この映画創りで協賛金という形でご参加してくださる方、どうぞご協力お願いいたします。お一人一口からでお願いいたします。
一口に付き「光彩〜ひかり〜の奇跡」のプレミアム試写会 特別招待券を1枚プレゼントいたします。
尚、エンドロールにお名前を入れさせていただきます。
(不要の方はお申し出ください)


光彩〜ひかり〜の奇跡 制作委員会事務局
お申し込みファックス番号 06−6952−6454


振込先  尼崎信用金庫 梅田支店 普通口座 0239861
      塩間 良典 (しおま よしのり)

お問い合わせは 090−2710−7671
光彩〜ひかり〜の奇跡製作委員会事務局長 塩間 良典までお願いいたします。

               光彩〜ひかり〜の奇跡 製作委員会事務局                 制作 ひとさじの砂糖ムーブメント



ご記入は
1口 1万円×    口数  =       万円
氏名
住所
電話
ファックス
メールアドレス
エンドロール記入名
メッセージ



以上おねがいいたします。

「光彩〜ひかり〜の奇跡」制作ブログ

お申し込みはできるだけ、ファックスでおねがいします。

ありがとうございました。


第2弾!光彩〜ひかり〜の奇跡 初上映&記念イベント

7月6日日曜日

12時開場

1時開演   終演 5時半

会場  阿倍野区民センター 大ホール

定員600名です^^

大人前売り  2500円  当日 3000円
高校生以下  2000円  当日 1500円
未就園児   無料

・未就学児 無料 ※但し、未就学児の場合、ひざの上でお願いします。
お席が必要な方は有料(1,500円)になります。
5枚セットで1万円の特別セットチケットがあります。
(20セット限定、なくなりしだい、終了します。お求めはお早めに)
車椅子でお越しの方は席数に限りがございますのでお問い合わせください





当日のプログラムは、なんと8つ!!


 ?まず、ドキュメンタリー映画「光彩〜ひかり〜の奇跡」の初上映。
 
  
 あらすじは、というと…、

 カラー心理セラピスト寺田のり子さんは色を選び、
 ヒーリングアーティスト天使河原紫翠(てしがわらしすい)さんは絵を描き、
 「色と癒しの絵」を通してたくさんの人に幸せを届けたいと、活動していた。
 そんな時、寺田のり子さんは病気で右目を失明し、
 余命を宣告される。
 苦悩の中自らが、見えなくなった目で美しい色をつかみ、「光りの絵」を描く。       
 その人生の使命の強さとその奇跡を描く感動のドキュメンタリー。


 ?上映後、 
 まず、お1人目の登場は
 映画に出演されている、
 「カラー心理セラピスト」の寺田のり子さんの講演!


 ?そして、ヒーリングアーティストの天使河原紫翠(てしがわらしすい)さんの
 ごあいさつ。


 ?次は、映画のテーマ曲の演奏お披露目です。
 ハープ奏者のみつゆきさん&歌手の相澤淳子さんに演奏いただきます。 

 
 ?第1作目で、出演いただいたかっこちゃんこと山元加津子さんが
 特別ゲストとして登場いただきます。
 どんなお話しが聴けるのか、楽しみですね。

 ?第1作、第2作の出演者クロスライブトークです。
 寺田のり子さん、天使河原紫翠さん、山元加津子さん
 そして、入江富美子監督のライブトークです。



 ?そして、私もお話させていただきます。
 
 映画製作経験、技術もお金も人脈もない、ないない尽くしの中
 「伝えたいメッセージがある!」と一念発起し、
 製作した「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」の初上映から1年!!!!    
 もう、2作目か!?    
 やっぱり、アホで良し!なのか???
 入江富美子の思い込みの強さ、無謀さ、その思いの強さで創り上げた第2弾!

 寺田のり子さんと天使河原紫翠さんの
 夫婦の生き様、使命の強さに惹かれ、2年間撮影をし続けるが、
 途中、不安いっぱいで迷いの中、ついに決心!
 そして、い映画未完成のまま、ついに公開発表!
 初上映会、、、映画完成まで、誰もどうなるのか、わかりません!
 監督さえも!?


 まだまだ終わりません!!
 ?第1作、第2作の出演者クロスライブトークです。
 寺田のり子さん、天使河原紫翠さん、山元加津子さん
 そして、私もくわわってののライブトークです。

 
 ?そして、ラストはエンディング曲のご紹介と
 製作風景を撮影したメーキング映像です。

 どんな映像が映像ができますか?靖子ちゃんが制作予定です^^

プログラムは全て予定です^^


お振込み用紙が入場チケットになりますので、当日忘れずお持ちくださいませ。
チケットの種類と枚数、住所、氏名、
お電話番号をご記入の上、ファックス(06−6952−6454)後
お振込みお願いします。
これで、申し込みは終了です。
お振込用紙を当日窓口でチケットと
交換いたします・
お忘れの無いようよろしくお願いします


チケットのお振込先は
光彩〜ひかり〜の奇跡製作委員会
ヒカリノキセキセイサクイインカイ
ゆうちょ銀行 14060 44532731

光彩〜ひかり〜の奇跡製作委員会
塩間良典 090−2710−7671
メール  info@hitosaji.com

ファックス 06−6952−6454


光彩〜ひかり〜のl奇跡 ラストスパート!

  • 2008/06/07(土) 21:39:40

みなさま〜〜〜
スタッフの試写会などが始まり、そろそろ最後のラストスパートです^^本当にありがとうございます。
水曜日にナレーションをいれ、木曜日早朝から金曜日の朝の試写会開始までぎりぎりまで編集していました。
映像って時間いるんですよね〜〜〜☆

徹夜明けの試写会終了後、ご飯も食べずに伊勢行きの電車に飛び乗りました。
「もう、私、、すっかりおちついて大人だわ〜」なんて1/4の奇跡の時の、ぶっとばし精神は落ち着いたのかと思いきや、、、

やはり、、、、「行け〜〜〜〜!」という言う心に声があるかぎり、
走り続けるおおばかものは変わっていませんでした。
あほ、健在!



で〜〜伊勢に行くとたくさんのお客様がおられました。
ロスで映画を見られた鯉沼さんと言う方が来られていて、ロスで中山先生が映画に出ていることに驚き、
以来ロスの応援団でございます^^

ロスでの上映をきめてくださっています。


できたら、光彩〜ひかり〜の奇跡の感想を頂こうと、試写会のテープをもっていきました。
中山先生に2作目の映画を見ていただく時間はありませんでした。

しかし、来客が多く、奥様も大変なこともあり、先生の秘書として
奥様の代わりに正式参拝のお手伝いをさせていただき、結局、1日に2回も伊勢のお参りができました。

いろいろお話はしましたが、、、、。
大事なことがわかりました。

中山先生はこれからは
「えらい人ではなく、ありがたい人になっていく」ことの大事さを何度も教えてくださいました。



今回の映画の主人公の寺田先生はこれまではえらい人、、、すごい人として生きてこられたり見られていたことと思います。


しかし、今回、試写会でもみなさんの感想をいただき、思ったのですが、今回の映画では数々の本音、、そして反省、告白、、、いろんな本音でたくさんの気付きを見せてくださっています。

えらい人は、自分の培ってきたものを崩されることは、嫌でしょう、、。


私は始めて映画のおおまかな映像での構成を寺田先生や紫翠先生に見ていただいたとき、、、
「こんなあからさまなことは隠したい」とか、ちょっと怒られるのではないか??そ
んな気持ちさえありました。


しかし、先生方にそのことを伝えたとき
「全部、私たちは入江さんにお任せます」
そう言ってくださいました。

私は、自分を守るのではなくそうおしゃる先生方に
大きな意味でありがたい人、、、、そんな感じがしたのです。
そんな感謝や尊敬、、いろんな気持ちで映画を制作しています。

最後に報告です。

今日決定しました。今日、泣きながらお電話いただき、私も感動したので、シェアさ
せてください。
ガイアの映画の音響をサポートされた会社の方が1/4の奇跡を見て感動し、即決め
てくださったそうです。
9月5日に東京で
1/4の奇跡の上映後、龍村仁監督の講演、そしてガイアシンフォニーの上映、、、
龍村仁監督に見ていただきたかった、、その夢が叶い、、しかも二本立て!夢のコラボです。
ありがとうございます。

撮影終了〜そして編集中☆

  • 2008/06/03(火) 20:51:04

今日は大阪の寺田のり子さんの自宅で撮影し、その足で京都の綾部へ、、、、。

そしていろんな撮影してきました。
景色やお花、、、先生のアトリエなどなど、、、。

そして帰ってきて、今、編集機に録りこんでいます。

先生方、きっとくたくたです。

だって、私、、、くたくたですから、、、、。

今日、先生とお話していて、、、

あ〜先生、、、しんどいんだなぁ、、、。つらいんだなぁって

思いました。

「入江さん、、、、もうあかん」そう電話をしようと思うときがあるそうです。

でもお会いする先生はいつ元気なのです。
いえ、元気にしてくださっているのです。

人前でしんどい姿を見せないんですね。

のり子さんは、頑張りやの長女です。、、、、そして貧乏な子ども時代、自分の意思で学校を中退し、自分が働いて、弟や妹を学校卒業させれるようにしたこと、、、。
泣きながらの決心だけど、、、、そうしたかった気持ち、、、。

さみしかった気持ち、、、それを全て笑顔で乗り越えてきたんですね。

いつも笑顔で、元気そうな姿しか、撮影できていません。

なぜなら、その姿しか、人前では見せないから、、、、。

夫のしすいさんにしかわからない事実があるのです。

でも、ある時、私に見せてくれた一瞬がありました。

それを撮影したとき、「入江さんには負けたわ〜ここまでやるかぁ〜」

そんな風に今は笑っておられますが、、、、。

本当に目が見えないの?しんどいの?

そんな風に感じる映像ことばかり、、、。

そんな撮影から、、、

人が人生で人に見せる顔、、考え、人生なんてほんのちょっとなのです。

どんな風に見えても、みんな同じように人生を持っている。

見た目で人を判断することのおろかさ、薄さをこの撮影の2年間で学んでいます。

言葉、表情、、、見た目に見えるものは氷山の一角。

見えない世界がまことの世界、、、、。

そんな世界を生きてみたいものです。