怖いという感情と一緒に進む〜

  • 2009/08/18(火) 23:58:33

最近、テレビを買いました。


しばらく家になかったのです。


買ったら、サービス期間で無料で「スターチャンネル」が視聴できました。

映画ってほんとうにいいものですね、。。。

見るのは、、(笑)




映画を見れば見るほど、

「あ〜あたしはなんて怖いことやってるんだろ、、」

と怖くなったりします。

技術なし、、なんて言ってられません。

本当にないのだけど、

やはりよい作品に仕上げるのは、それも含め、主人公の方に対しての

また見てくださる方への、そして自分の作り出すものへの

「愛」なんだ〜〜〜って知ってしまったから、、。

技術にはしるというのではなく、最善を尽くすというのでしょうか、、。

知らないときはしかたないけど、「これがいい」ってわかってて

やらないのは、違う気がするからです^^


いつも「いい風に」は大切にしていますよ。


なにもわからないときは、怖いけど、むちゃくちゃ伝えたい、、という

ことでブルドーザーのように、怖さを踏みつけ進んできました。


「光彩の奇跡」も最高に怖かった。

でも、あふれる感覚がどんどん私を前に進ませていって、

怖いよ〜〜〜となきながらも、ブルドーザーのように進んできました。


そして3作目。

これは、完全に2人目の出産時のときと同じ感情。

欲しくて欲しくて授かった2人目。

陣通時

「神様、、うそです〜もういいです〜〜〜〜〜〜〜間違えました〜

この痛み、、忘れてました〜[m:55]」

と痛すぎて、「どんな思いしてでも二人目を」って思いも吹っ飛んだのです。

そして助産婦さんに

「すみません〜これ(痛み)、、多分普通と違います!おかしいです!」

と半分パニックになった私、、。

ちょっとの精神状態の乱れで、叫んでしまうくらいだった私でした。

「私はなんてばかなことしたんだ[m:55]」と痛がり、

無事出産した直後、赤ちゃんを抱いて

「かわいい〜〜〜〜[m:49]もう一人欲しい!どんなに痛くてもいいも〜ん」


とその直後に思う自分に驚いたことがあります。


私にとって、この経験と同じくらい、私にとって映画制作は未知であり、神聖であり、大切であり、と〜〜〜っても難しいものです。


うれしくてうれしくて、決めた3作目、、

まったく後悔なんてないし、やる気しかありません。

でも巨大な「不安」「恐怖」そんな思いもしっかりあります。



テレビとかで映画見て

「こんな映画、、なんのために作ったん?」な〜んて

恐ろしい思いを持つこともあるからだと思うのですが、

どんなに命こめて作っても、うまくつくれる保障はないのです。


しかし、自分が納得できるまであきらめたり、投げ出したりしないという自信だけはあります。

だから、その位置にいくまでは、恐怖との戦いなのですよね〜


後からは、いろいろ言葉にできますが、制作時は、

自分しかしらない自分との対話というか、人生が始まるんです。

すでに始まっています。


いよいよ怖さがきています。


「自分がやるんだ!」というエゴがあるときの「怖さ」は

もう経過しました。

これからも出てくるでしょうけど、、。

次の怖さは、「ちゃんとしなければ」

ということで自分をしばることです。



「ちゃんとしないでちゃんとする」


これができるときが一番流れていきます。

ストーリーを伝えることも大切ですが、

ストーリーは、本当にテレビって上手にまとめていてすばらしいなぁって思います。

私の映画の作り方は、

映像を見ながら、沸き起こる感情や思いをつなぎ合わせていくのが

私流なのです。

なので、「映像ありき」なところもあります。

説明もしにくいのです。

映像をみながら湧き起る感情で、編集していくんです。

だから、完成するまで

「これなんです〜」ってうまく言えないのが怖いんですね、、多分。


湧き起るものは人それぞれだけど、それを感じつなぎ合わせていくとき、

「なんかわからないけど、心に残るもの」

になると思っています。

説明できるようなのは、命は喜ばないって聞いたことがあるのですが、

説明できないけど、命が喜ぶ映画を作りたくて、でも説明できなくて、

今、怖がっています。



トムクルーズの「バニラスカイ」という映画をたまたま見たとき

「意味不明〜〜〜〜〜」

と思いながら、映像がおもしろくて最後まで見ていました。

なのに、未だに心に残り、さらにじわじわと深さがわかってきて

おどろきました。でも説明できない(笑)


だから、評価、、さまざまだろうなぁ〜と思う映画なんですが。




というわけで、映画作るの、最高に幸せで感謝で怖くて、恐怖なんです。

「こんな怖いこと、またようやるわ、、」

というもう一人の私。

「やれること、やらせてもらえることに感謝や〜〜ん」

と天然な私。


両方が私ですが、今の時期のこんな感情も記録しておこ〜〜っと。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

best dating

Say “thanks” you to your mother and father they gave you the planet

クロムハーツ ネックレス

こんにちは 私の家族 。私はしたいこのポストと言う 、 素敵書かれており、 が付属 約全て重要に関する情報です。 私! 探す |このような記事余分もっと 。

クロムハーツ 通販

これは非常に 本当に面白い、 あなたがある非常に熟練したブロガー。 私が持っている RSSフィードをに入社し、より多くのあなたの偉大な素晴らしいの追求を楽しみにしてポストを。また、 私が持っている ウェブサイト私のソーシャルネットワークでは、共有。

ニューバランス

しかししかし、何に関して ボトムライン? サプライ に関する約 あなたは?

new balance

ワンダフル 仕事 。 つまり | 詳細情報 の種類の種類 ことになっていることをインターネット| |ネット| { ウェブ全体で周り共有することが} 。 恥上{ 検索エンジン |グーグル}のしないポジショニングこの公開 高い 。んにわたってさあ、 との上にお話私サイトサイト 。 ありがとう = )

シャネル チェーンウォレット

賢明な批評のために| おかげであなたに感謝し 。ミー & 私の隣人は、だけで行うために準備をし、いくつかの 少した|この上に関する研究。我々は我々のグラブエリアから本持ってライブラリをが、私はもっと学んだと思います、このポストから。 私はな素晴らしいを参照することは非常に喜んで|自由にそこに共有されている詳細情報を 。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する