カロコヒーリングセンターにて

  • 2010/11/17(水) 15:24:38

今朝カロコヒーリングセンターに到着しました。

午後にオーストラリアから

真樹さんが帰ってこられました。


真樹さんは、オーストラリアのアボリジニに招待され


儀式参加されかえって来られたところです。

サンダンスという儀式で、四日間断食しながら

聖なる木周りを祈りながら踊るのです。

そうして、世界の木につながり合うのだそうです。


そんなハードなスケジュールで私たちに合わせて帰って来てくださいました。


しかし、私も、海外遠征で、オフ、、という計画を立てた事がなく

なんとなく疲れを感じていい、、と言う許可を自分に出したのか、

だるくなってしまいました。


でも、真樹さんの方がハードなはず!


どうぞ、休んでください、、、

と言うと、休みのではなく、こういうときは、海に行ってバランスを取ります、、



と仰るので、


一緒に行って良いですか?と、


エドガーケーシー療法の光田さんと

操体のインストラクターの落合さんとで一緒に行きました。

ハワイ島寒く、コートを着るほどです。

しかし、私は、今回のハワイ島は、なにか大切な変わり目の気がして


早く回復させなくては、、、、と思い、夕方の海へ。



波が荒く怖かったのですが、溶岩でできた自然なプールが海できていて、

そこに真樹さんが横になると、上からも下からも波が吹き上げ

本当に何かを流してくれそうな気がして私も横たわりました。

海から、ドーンと波が吹き上げ波しぶきを浴び、夕陽を眺めていました。

真樹さんが全員に海中で体を解してくださいました。


なかなかダイナミックな経験でした。

今みんなでスープを作っています。

真樹さんはまきで、五右衛門風呂を炊いてくださっています。

外には外灯なし。

ジャングルの中です。

庭には、ねこが二匹、

ニワトリが放し飼い。


バナナの木に、パイナップル。

本当にジャングルなのです。


森を守るために森を買い取った真樹さん話は、自然と共存する人の

深いものを感じました。

明日は、富士山より高いマウナケアに登ります。


頂上で祈るために、、、、。

真樹さんはそこでさまざまなビジョンを見たそうです。


高い所や、酸素の薄いところは、自信ないけれど、

すべて天におまかせです。



真っ暗闇で、静かで、、、、


真樹さんは言います。


この森と、海から元気をもらうのが一番と。


どんな私が現れるのか、、、、




このジャングルでネットが使えるのは、アイパットだから♬


オアフのカフナに映画をみていただくことができて感動いっぱいですが、


あさっては、ハワイ島のカフナに見てもらいます。


サージキングに会える私にとって特別な日です。

後半は、決めてきていることがあるので実行するため、通信を休むつもりですが、、、

できる限り報告しますねーーー