すごルーマニア報告第二弾♬

  • 2010/10/28(木) 13:02:34

きみちゃんからの報告第二弾です。

来年はルーマニアに行く事になりそうです。
来年はとっても忙しくなりそうな予感がします。 ありがたいです





*****************************

みなさま

こんばんわ こちらは 今夜中の三時すぎです
日本は朝の九時かな?今朝メールしたかったのですが、できなかったので
二通メールします。

今日は26日、省巡りです。セキュリティーも厳しい中、フリーパスでいけることに
小林領事さんのすごさを感じました。まずは、観光大臣に会いました。
日本とルーマニアの国交のために映画をとどけてると話してきました。
そうなんです。今回の旅は国交に行っています。と、いう事がさらに、この後
はっきりとしました。

そのつぎは昨日会った文科省の副大臣さんに具体的に話しするため再度会いました。
予告編とふ〜ちゃんのアメリア横断編をルーマニア語にして(これはね
二ネタさんという日本で結婚されたかわいい女性が翻訳してくれたの)
持っていきました。皆んなでDVDを見ました。それはすごいすごい反響でしたよ。

ルーマニアはまだまだ遅れている。こうゆう思想がこれからは大切だと言われました。

そしてなんと1/4の奇跡がメインの国あげての映画祭をすることがほぼ決まりました。

後は時期だけ。小林領事はまずは学生にみてほしいと その後に映画祭と、なったので


多分、大学が春で映画祭が秋になると思う。そんでもって映画祭だからと
英語版がある宇宙もひかりもやってもらおうと私ひらめいてしました。
これは、交渉中きっとうまくいくと、私は祈ってます。
それにしてもすごい事になりました。1/4の奇跡のために開くことになったルーマニアで
一番おおきな映画祭やっばり国交だっ 

その後は外務省 すごく丁寧にお出向かえしてくださり文科省で動いてることを
伝えて協力体制とのこと つぎに夕方四時にブカレスト大学
日本では東大とおんなじレベルなんだそうです 唯一、日本語学科があるので
そこでも、上映決定。

私達は日本語学科だけかと思ったら、心理の学科も加えて、上映後、ディスカッションの
じかんを持ちたいとのことここで ふ〜ちゃん登場してほしいらしい
学生とガチでやってもらいましょ

最後に七時半から晩餐間 これまた、凄い方すごすぎて言葉がでない。
世界中の大学の繋がってる会の方に会いました。その会には東大から2人の教授が
参加されてるみたい そして障害者に対する過去のルーマニアの体制を聴きました。
ショックを受けました。やはり映画の思想が必要だと想う。かっこちゃんメッセージが

世界中に必要とされてるんですね

みなさま あぁ、だめだぁ むっちゃねむたい 今日の出来事はあすにします
かっこちゃんみたいな支援学校にいってきました

それはちょっぴり寝てからメールしますね

*****************************
続報メールくるかな?
眠い目こすってきみちゃんがおきてくれることを祈って・・・(笑)