祈りの探求

  • 2010/06/20(日) 22:52:27

日々、自分の中で、

おじいちゃん性???

みたいなのが育っているのがわかります。



おじいちゃん性と言うのは、お坊さんだったおじいちゃんが

私の目を見つめ

「お前があととりだ」

と言い続けてくれたことで根づいた感覚です。





祈りは、聞き入れられる。


自分の思った方法でなくても、、。


それが連日起こり、周囲もびっくりするような


ことが起こり続けています。


つまり、「こうする!」

って決めたら、

そうなるメール、電話、人との出会い、申し込みなど

連続するのです。



喫茶店でも、注文しないと飲み物は出てきません。


人生も同じなんですね。


我力で疲れ、しんどくなったときまた祈り始めました。

「天が期待していることを実現させてください」と、、、。




すると、また自分が進む方向がはっきりしてきました。

面白いですね。


祈り、、というものがこの世に用意されていて


本当によかった^^



村上和雄先生は

「最後には神様にもたれる生き方をできることが自分の強みだった」

そのようなことをおっしゃっています。



もたれる、ゆだねる、、

決して自分がなにもしないわけではなきんです。


この探求、、、おもしろいので、続けます^^