ありがとうございます。

  • 2010/05/15(土) 23:36:12

昨夜、助けてメールを、靖子ちゃんと、くりりんに出しました。


二人は、今日、お昼からすぐきてくれました。


何を頼んでいいか、わからないくらいの状態の私、、。



これは、私がやらないと、理解できない部分だ、、、

と思うこともすべて伝えました。


でも、くりりんはやっているうちに、

衣装を責任もってみんなに手渡せるように、、と

いつしか、自分ごととして、表にしてくれました。



靖子ちゃんは、最初は、スケジュールの予定を

入力してもらっていたんですが、

いつしか、靖子ちゃんが、車の台数やスタッフの数を

確認し、スケジュール管理してくれ、

さっきまで、いてくだました。


くりりんは夕方、帰ったのですが、

「今から行くわ」

と、またまた手伝いに帰ってきてくれます。



私は、台本をスタッフに渡せるようにとか、

役者さん関係でまだ終わっていません。


くりりんが電話くれたとき、本当に泣きそうでした。



私は、靖子ちゃんは自分の映画、

くりりんも自分の歌をやりだして、

私は、これから、できるかぎり、手伝ってもらわないで

頑張ろう、、って思っていました。



靖子ちゃんもくりりんも私の家の作業を見て、、


「ふ〜ちゃん、

準備、大勢で、やってるって思ってたわ!

こりゃあかんわ!絶対でけへんわ!

もっと早く言わな〜」

って言われました。



本当にぎりぎりですが、救われました。


今日、3人がかりで、できなかったものを

一人でやろうなんて、、、、、、

そんなことした方が、スタッフや役者さんの迷惑になるのに><


本当に結局、、「1/4の奇跡」のとき同様、

笑いながら、必死で作業しています。


あ〜〜〜素晴らしい仲間だなぁ、、ってあらためて思います。

なんか、私が必死に一人で抱えてても、

そばで、「あほやなぁ」

って笑いあいながらそばでいてくれる、、、。


私も今度は恩返しするからね、、。

といつもそう思いながら、手伝ってもらってばかり、、。

感謝をどうしても書きたくて日記に書きました。


あ〜〜〜〜またまた本気の文化祭です

[m:50]