「映画はどれくらい進んでるの?」

  • 2010/02/22(月) 22:36:53

「映画はどれくらい進んでるの?」

とご質問をいただきます^^


ん〜〜〜〜〜〜っと

撮影は40時間以上のテープがあります。

なので、もちろん、コンピューターに取り込むのに、

40時間必要です。

1時間のテープ40本なわけですが、

これからもどんどん増えます。

60分テープで撮影した映像から、たった5分だけの

シーンを抜き出しても、200分になるわけです。

それをこれから撮影するもの、大石順教尼先生の保存されていたデータ

も使って、約1時間30分までにまとめようとしています。



構成、 
ナレーションの台詞決め
音楽
編集

再現場面の脚本
役者さんのこと、ロケ地、小物、メイクさん
などなどの撮影準備

を同時に進めています。

2月までにする予定だったのは、曲作りと、再現場面の脚本、絵コンテの完成です。



今日、曲が3曲できあがり、ミュージシャンの方に渡すことができました。

今回、えりいさんは、詩は3曲書きました〜〜

2曲のサビができました。

今回はそのミュージシャン、Yさんに曲作りをお願いしました^^

すご〜〜〜〜い素敵な方なのでその方にぴったりの音域で

歌っていただくのが一番だと思ったからです♪

楽しみ〜〜

あとは脚本と絵コンテ!

これがなかなかできません〜〜〜〜><


これからまだまだ撮影の予定が入っています!

南先生の中学校での講演、

長崎での講演

絵を描くシーン、お墓参り、などなど


九度山に大石順教尼記念館ができました。

そちらにもお伺いします。

来年、春にはニューヨークのカーネギーホールの近くで、

個展が決定しています。

そのときに上映できるように間に合わせたいです。


4月号の安心では、南正文さんカラー10ページで特集されます。

どんどん月日が経つ中ですが、まだ焦るわけではなく

納得いくようにじっくりじっくり進んでします。