ロスのテレビに出演★してた><

  • 2009/12/21(月) 00:31:09

どうやったらみれるの(笑)

みなさま
10月のアメリカ遠征で、テレビに出演させていただいています。

鎌型赤血球の世界的権威 UCLA医学部教授新原豊さんとの対談です。
この方は、鎌型赤血球の研究で最先端を行かれている先生です。

この新原先生が、映画に感動してくださり、「患者さんの希望になります」
とおっしゃってくださり、全面的に応援してくださっています。

この日は、「宇宙の約束」の一周年記念の日です。(最後に告知いれておきます^^)

帰ってから、、チェックしてくださいませ〜〜^^



今週末12月20日(日)NTB(ロスのテレビ)の放送内容をお伝えいたします。

「コミュニティニュース」

「インタビューコーナー」
盲目の天才ピアニスト  グレース・オー女史

「コミュニティ特集コーナー」
ドキュメンタリー映画「4分の1の奇跡」
入江富美子監督インタビュー。
UCLA医学部教授新原豊さんとの特別対談。


NTB
12月20日(日)午後5時半〜6時
チャンネル44/DT44.1  KXLA

ケーブルテレビでご覧になる場合のチャンネルはケーブル局によって異なります。
詳しくは、以下KXLA(放送局)のホームページからご確認頂けます。
http://www.kxlatv.com/listings.html

どうぞよろしくお願いいたします。

てんつくさんと文昭さんとのミーティング!

  • 2009/12/21(月) 00:26:48

昨日、しま平さんとメールのやりとりで、イベントに向けて気持ちをひとつにしようと言う話しになり、今日文昭さん、てんつくまんさん、にメールをしました。


私は
自分を大事に好きになるってことのすごさ、これが私が伝えられること思っています。


そしたら、知る世界から、わかる世界に人は自然に変われると思うんです。

とメールしました。

さらに、しまへいさんは、動けば変わるという事と、
人は一人では生きていけないという事、
同時に感じる事が出来たら、きっと自分の力を信じて動き出す人が増えると思います!と言う思いを持っておられることを伝えました。



てんつくまんさんから、

「僕は人と人が繋がり応援しあえばみんな幸せになるという話をしようと思っています。」


と。

私は、このメールを見て、ドキッ!ワクッ!としました。


私は、てんつくまんさんの言われる世界は、これから経験できるかもしれないし、できないかもしれない未知にも感じる世界です。


私は、映画でたくさんの人の繋がりと、応援があったからできた!と心から思っています。


が、私は、誰かの応援を本気でしたことがあるだろうか?と思うとき、
私は力を頂く側だけだとあらためて思ったのですm(__)m


応援する〜と言う感覚がとても薄く、自分がやりたいことで、うめつくされてるのが私(:_;)


だからてんつくまんさんの、ぜひ、その話し聞きた〜〜い。
私、そうなりたい!と思いました。


てんつくさんのブログにこんな記事を見つけました。


以下、てんつく〜

映画を作る前に企画書を書いててんけど、
「何故あなたはこれをやってるんですか?」って言われた時に、
「昔一本の映画を観ましてねって…」言われるような映画を
作りたいなぁって言ってたのが、
あの監督が「何故この映画を作ったんですか?」と聞かれたとき
「昔、ある映画を見てね〜」と言ってくれててらうれしかった。



そんなことが書いてありました。

てんつくマンは、私のお父ちゃん(笑)ですね。


最後に、イベントのこと

「心配しなくても大丈夫やと思います」


って書いて下さっていました。


そして
文昭さんからは
「いきあたりバッチリ!」と返信が(笑)


そんな感じで、私も楽しみでワクワクなイベントに
みなさん是非起こしいただきたいです〜(^0^)/♪

12.16子育て奮闘記

  • 2009/12/21(月) 00:25:31

近頃の悩みは、、、子育て、、、

というか、教育っていうか、、、

こどもたちのだらだら〜〜〜〜とした感じに、心が落ち込む><


私が1番なりたかったのは、「お母さん」

しかし、理想のようにはいかずf^_^;


そんな自分を「もと」から受け入れたいと映画制作!


長女1年生入学、、弟、幼稚園年中だった、、。


長女が1年生で習いはじめた「そろばん」に、私が「1/4の奇跡」の

制作のために、送っていけなかったり、休みがちになってとうとうやめた、、。

私のせいだ、、、

ずっと心にひっかかっていました。

「そろばん」はあくまで象徴です。



自分がこどもに、やることをやってあげれてないなぁっていう反省、、。



そして今、4年と2年に、、、。

子供たちを見ていていろいろ考えた末、もう一度、なんとか、「そろばん」に行くようにうまく持っていった。

もう一度、私がやりなおしたい、、、っていう後悔があったんだと思います。


弟は友達と一緒に行くので、喜んでそろばんへ行くので解決!


お姉ちゃんは、一年生で「そろばん」を辞めてるので、かなり悪いイメージを持っているので、私が、毎回送り迎えをすることで、納得させ、いざ別のそろばん教室へ。


この毎回の送り迎えは私にとっても最大の決心でもあるわけです。


しかし、教室へ連れて行ったとたん、集団が苦手な、お姉ちゃんは
「帰る!帰る!」とパニックに。

私はここで返してなるものか!と腕を掴み、知らない子供たちの中に入る大切さや、そろばんの大切さを話しながら、力比べ。

娘は、本気で、私に

「ママなんか、死ね!〜〜〜〜〜〜」
と、私の腕を何度も本気で殴り、私も涙が出るくらい痛い。


でも、子供に無理強いしない〜と言う名のもとに、自分も「楽」していたのに気付いた私は、子供にも無理はあるかも知れないけど、私も送り迎えして一緒にがんばろうと思って。


がっちりと、娘の両腕をつかみながら、
説得し、教室に入れようとする私でしたが、
でも、腕を殴られ、足を蹴られ、私を振り払い走りだした娘。


自転車を停めたままそこに置いて全力疾走で逃げた。

私も娘も泣いている。

そろばんの前で、何人かのお母さんは、不思議そうに見ていた。

本当にすんなり言うことを聞く、子供をもつお母さんにはわかない苦労があります、、。


私は、何をやってんだろう?
これっていいことなん?


そう、私は泣きながらも、
「あの走りっぷりなら、何かあっても逃げきれるな!」と
そんなことも思いつつ、
「でも、あきらめないぞ」と
娘を心配しながら、
家へ。

家出したか?とも心配したけど、家の前に座って泣いていた。

玄関を開けると、家に入り、トイレで閉じこもり泣いている。



ここまでして習わせる必要はあるのかな?

友達にも言われた「いっぺんにさせることないよ」って、、、。

でも、なんか、今とても大切な時期な気がして、、。


習わせるというよりいろんなものに触れてほしいし、挫折しないでがんばってほしい、、。

前は私のせいだけど、それを自分のせいにしている娘に、

もう一度乗り越えてほしいような、、、。




「私も落ち着かなきゃ。今回は、自分が子供に無理強いして習わせるけど、その責任を取る!」
そんな気持ちで、そろばんは行かせるつもりだった。


娘に
「なう〜〜お餅でも焼こうか?」と
声をかけたけど無視。


ちょうど、娘の友達のなっちゃんが家に来てくれたので、仕方なく、ナウはトイレから出て、なっちゃんと出掛けた。

しばらく遊んで帰ってきたナウに
「6時半から行こう」と言うと、
うん!と言って、またまたそろばんに。

娘の自転車は、そろばん教室にあるので、私の自転車の後ろに乗せて行く。


「なんか、ママの腕、紫になってるし、痛いわぁ〜〜(>_<)」と嫌みを言いながら、後ろで、笑っている娘に、
本気でぶつかり合った感覚がすっきりして、お互い

けらけら笑いながら、そのときの話をしている。

とうとう、そろばん教室へ。


今回は素直に一人で、教室へ入っていった。


そろばんが、終わる時間に、教室の前で待つ。


幸せ。


塾や習い事に、送り迎えのお母さんのことを、大変だなぁ〜なんかマネ

ージャーみたいで、よくできるなぁ〜なんて思ってたけど、子供が頑張

ってることを感じるとなんかチームみたいで、自分も頑張って付き合う

よ♪って気持ちを味わった。

これも幸せなことだなぁって。


そして一ヶ月経った今
「ママ〜、そろばん、すっごい楽しい♪
ナウ、なんかいろんなことやる気なってきた〜もっとそろばん行きたい〜〜」



「ママ、死ね〜って何回も言われて、腕にもあざができたんですけどぉ?(笑)」


「ママが、「面白い」って思えるまで、無理に行かせへんからやんo(^-^)o」ですって。



そして、同じパターンで、ピアノにも入門!。
初日
「ママ、辞めたい!」

私「あかん!面白くなるまでママ頑張るわ」

娘「今度は絶対辞めたい(・_・、)」



そして今
「ママ、ピアノ楽しい♪
ピアノの曜日増やして〜〜(^0^)/」



私もひとつ学んだ。

のびのび、、と言いながら私が怠けていた、、、できない言い訳にしていたこと。

自分の映画が大変だったから、、、。

でも、今、こどものことも大事な時期だから、精一杯やりたい。



体当たりだったけど、娘も、本気で、いやだ!と思うことの先にあるも

のを経験し、乗り越えたら親子一緒のいい経験や思い出になっている。

うまくいえないけど、本気しか伝わらないってことかな。

お稽古の送りむかえ、、、。幸せであり、大変でもある。

母として、、ここが充実していないと、他が満足しないっていうか、、。


懇談で、二人とも、成績は、大笑いだけど、

みんなと仲良く、ムードメーカーであるらしい


今日から、苦手な割り算、、、克服のため、特訓です(笑)

それに机の上もだし、ランドセルもほったらかし、

脱いだものは脱いだまま、、、

宿題いや、ご飯の好き嫌い、、、


本当にいろんなことやまずみの日々です。

これを終わらすだけで、大仕事ですよね〜〜おかあさま方〜!!



これ、、しなくてよかったら、どれだけのエネルギーが

あまるんだろう、、、と思うことはしばしば、、、。

パパはいいなぁ〜〜〜っていつも思うけど、

やっぱり、私、、、時間もなく、子育てに悩みながら、こうして

隙間、隙間に祈りながら、映画をはぐくんでいくことが、

好きだし、自分で、選んでるんだと思います。

こどもがいるからやりがいあるし、、。



選んでるってわかってても〜〜〜だれか、家のこと、手伝って〜〜〜〜〜

って、追い込まれることも、しばしば、、、。


っていうか、しばらく、そこにはまってぬけだせずにいた、

おかん督でございます

まだ、片足しかぬけだせていません〜〜〜助けて〜〜(笑)

1月16日東京 てんつくさん、文昭さん、入江の講演

  • 2009/12/15(火) 19:32:04

もちろん本気じゃないイベントなんてないんです。


どういう意味か、、。


きっと、やっとみんなと出会えるから、、

すべてはつながってた。何億年前からつながってて、今アホ星人になって

今、この地球で、コンタクト!!!!

なんか、わからないんだけど、泣きそうになる出逢いとつながり。

それをここにあらわしてくれたのがしまヘイさんや仲間たち!

みんな同じ地球にうまれてよかったわ〜〜〜〜〜♪


みんなの細胞が光りだす一日にしたいです^^

ではしまへいちゃんの日記から〜


来年1月16日(土) てんつくマン×中村文昭×入江富美子の奇跡のコラボ講演会



中村文昭さんが時間を作ってくれて、1/4の奇跡を観てくれました。

御自身の講演でも、1/4の奇跡という映画がある事を伝えてくれています。


私のやるべき事は何か?

人と人を繋いで、一つの流れを作っていく事ではないだろうかと思っています。


そして、入江冨美子監督の想いを紡ぎたいと思っています。


てんつくマンの「107+1 天国はつくるもの」の映画を観て、こういう映画を創りたいと思ったこと。

クロフネで歌った時に、中村文昭さんが応援してくれたこと。


全ては繋がっている。

決して、偶然なんかではない。



。・°°・☆・°°・。☆。・°°・☆・°°・。☆。。・°°・☆・°°・。
           2010年1月16日(土)
    チーム『宇宙(そら)の約束』発足二周年記念プレゼンツ
  てんつくマン×入江富美子監督×中村文昭氏 奇跡のコラボレーション

         〜すべての人が認めあえる世の中へ〜
    『過去・現在・未来さえも変えられる『感謝』という魔法』

        東京都練馬区 練馬文化センター 小ホール
 <開場>11:00 <開演>11:30 <終了>16:30(予定)
      http://soranoyakusoku.didit.jp/index_20100116.php
。・°°・☆・°°・。☆。・°°・☆・°°・。☆。。・°°・☆・°°・。

      〜チーム『宇宙の約束』代表から皆様へ〜

 1月16日、チーム『宇宙の約束』2周年イベントとして、私にとって、
 大きな影響を与えてくれた方々をお呼びさせて頂く事になりました。

 てんつくマンから、「動けば、変わる。」
 入江富美子さんから、「あなたはあなたのままでいい。」
 中村文昭さんから、「人の御縁で生きろ」

 どれが欠けても、全て私にとっては必要な学びだった。

 てんつくマン、入江富美子さん、そして中村文昭さんのコラボは、
 前例がなく、史上初のコラボです。

 人と人は響き合っているということ。
 人の想いは繋がるということ。
 あなたは決して、一人ではない。

 溢れんばかりの想いを伝えたいと思います。

     チーム『宇宙の約束』代表 ”しま平”こと、大島秀夫

        〜・〜・〜・〜<詳細>〜・〜・〜・〜

◆日付◆ 2010年1月16日(土)

◆時間◆ <開場>11:00
     <開演>11:30
     <終了>16:30(予定)

◆内容◆ ○てんつくマン   講演
     ○中村文昭氏    講演
     ○入江富美子監督  講演
     ○てんつくマン×入江富美子監督×中村文昭氏
                      コラボレーショントーク

◆会場◆ 東京都練馬区 練馬文化センター 小ホール(592名)
     <住所>東京都練馬区練馬1−17−37
     <公共交通機関>西武池袋線
             西武有楽町線
             都営地下鉄大江戸線
             練馬駅北口より徒歩1分
     <地図>http://www.neribun.or.jp/nerima/

◆参加費◆<前売り> 大人:3,000円 ペア(大人2名):5,000円
           高校生以下/障がい者:2,500円 未就学児:無料
     <当日>  大人:3,500円
           高校生以下/障がい者:3,000円 未就学児:無料
           ※当日のペア券はありません。
            大人当日料金でお願い致します。
◆お申し込み◆
     下記、お問い合わせ先のホームページの入力フォームか、
     メールアドレス、または電話/FAXにてお申し込み下さい。

     ※メールアドレスなどの連絡先に、お申し込みされる場合は、
       ・本名(フリガナも明記下さい)
       ・連絡先(電話番号、メアドなど)
       ・参加人数(ペア、大人、高校生以下、障がい者、未就学児)
       ・イベントを知ったきっかけ
      を、必ずお書き添えの上、お申し込みください。
     ※ご意見やお問い合わせなど何かありましたら併せてご連絡ください


◆主催/お問い合わせ先◆
    チーム『宇宙(そら)の約束』事務局
    ホームページ:http://soranoyakusoku.didit.jp/
    ご予約フォーム:http://soranoyakusoku.didit.jp/index_20100116.php
    メールアドレス:kiseki☆didit.jp(武市)
         ※迷惑メール対策の為、☆を@に置き換えて下さい。
    電話 :090-4518-4489 (服部) FAX:047-353-6657 (服部)

 ☆チーム『宇宙の約束』では、バリアフリーイベントとし、日本語字幕
  入りの映画上映や講演中のスクリーンによる同時字幕通訳を行っております。
  その他、どなた様にも安心してご覧いただける様に工夫させて頂きますので、
  お身体の事など何かございましたら、お気軽にお問い合わせ先まで
  ご連絡ください。

 ☆11月23日に、練馬区で行われるプレイベント
  ”『1/4の奇跡〜本当のことだから〜』バリアフリー自主上映会”に
  参加された方は、そのチケットの半券を必ず持ってきてください。
  大人、高校生以下、障がい者料金から500円引きさせて頂きます。
  → 
  プレイベント時、トラブルがあり、ご迷惑をおかけしました。
  このお詫びと感謝の意味を込めて、500円引きのところを
  1000円引きとさせて頂きます。


◆出演者プロフィール◆

  ○入江富美子監督○
   大阪生まれ。2005年の大晦日の夜、「宇宙に感謝の量が増える映画を
   つくりたい!」と一念発起し、映画監督の道に入る。撮影、インタビュー、
   映像編集、そして、挿入歌を作詞・作曲し、そのうえボーカルにも挑戦。
   こうして仲間とともにつくりあげたドキュメント映画
   『1/4の奇跡〜本当のことだから〜』は、各地で反響を呼んでいる。
   「監督」「ミュージシャン」として講演に全国を飛びまわる中、
   家ではやんちゃ盛りな二児の母。絵に描いたような大阪の
   ミラクルかあさんである。

    ☆ふ〜ちゃんの”宇宙に感謝の量を増やしたい♪”日記
                     → http://fwhoy.dtiblog.com/
    ☆『1/4の奇跡 〜本当のことだから〜』映画オフィシャルWEB
                     → http://www.yonbunnoichi.net/

  ○てんつくマン○
   元・吉本興業で『TEAM 0(ゼロ)』として活躍中に映画制作という
   夢をみつけ引退。その後、原宿表参道の路上で
   「あなたの目を見てインスピレーションで言葉を書きます」という
   パフォーマンスを開始。人気は上昇し『路上詩人』として一躍有名に。
   2002年、本名である軌保博光を封印し、日本を面白くするニューヒーロー
   "てんつくマン"として生まれ変わる。世の中の様々な問題を解決すべく実際に
   行動し、その様子をドキュメンタリー映画『107+1〜天国はつくるもの〜』に
   収めている。2009/11/1からは、第二弾が全国で上映開始される。

     ☆WEBてんつく → http://www.tentsuku.com/home.shtml

  ○中村文昭氏○
   有限会社クロフネカンパニー代表取締役。
   1969年、三重県多気郡宮川村大杉谷に生まれる。18才の時に上京し、伝説の
   師匠田端俊久氏と運命的に出会う。3年半に及ぶ修行を経て21才の時に三重県に
   戻り伊勢市で起業する。レストランウエディングで人気の店を経営。また全国で


   講演活動を行いながらひきこもりの若者たちを応援する「耕せ!にっぽん!」など
   多方面で活躍。2008年に学校の先生を応援する「憧れ先生プロジェクト」を
   立ち上げる。『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!』(サンマーク出版)他
   著書多数。

     ☆中村文昭オフィシャルWEB → http://www.kurofunet.com/fn/
     ☆耕せ!にっぽん! → http://tagayase.com/

◆チラシデータ◆

  ○表 http://soranoyakusoku.didit.jp/pdf/20100116/20100116_front.pdf

  ○裏 http://soranoyakusoku.didit.jp/pdf/20100116/20100116_back.pdf

梅澤千雅子さんの個展★

  • 2009/12/04(金) 22:18:57

あきらめない女の代表〜〜

梅澤千雅子さん、、、

なぜ、相棒かというと、一緒に歌を歌っているんです。

来年4月25日の大阪でのイベントで歌いますから、

ぜひお越しくださいね、、


それはおいといて、、


両手両足機能全廃になりながら、画家になった姉さん(と呼んでいます)


ほとんど手が動かないので、自分で一日、まる、、、だけをかけるように練習から初めた姉さん。


「日本で一番、丸をかいた女!」と自分で呼んでいます。


手足が動かない姉さん、、、


師匠が墨を摩ってくれていたそうです。

しかし、絵に師匠が手を入れようとすると

「え〜〜い!触るな〜〜〜」と

一切触らせないという男前ぶり、、、



順調に絵が描け、画家を目指した直後、こけてしまい

右手粉砕骨折!


画家の夢は完全に断たれました。


そして数年後、、、今年の6月


姉さん一緒に南先生のおうちにいったのです。

ねえさん「やっぱり、私、、絵描きたい!」


そう言って復活を宣言したら、その直後、アールグラージュと出逢い、

画家に復帰!


あきらめなければ、夢はかなう!


以下、ナニメンさんの日記をお借りしました〜〜〜

みなさんぜひ最後まで読んでくださいね



私の大好きな女性です



梅澤千雅子 さん



大阪府出身。

1988年リュウマチと診断され、1997年には一級の身体障害者に認定。


人生を絶望して死を覚悟した時期もあったが、

あるきっかけで心の扉の開き方をつかみ、自らの可能性に目覚めて無限の可能性を見いだす。


両手両足機能全廃というハンデの中、

2001年高野山画僧、藤原祐寛師に師事、日本画壇入門。

2002年4月、初の作品展開催と高野山にて僧名「雅照」を得度。
同年5月、第5回京都墨彩画壇展出展、「虚空へ」で特選受賞。


その後各地で個展を開催し、日本画壇新進作家として注目されるが、

2005年事故により右肘粉砕骨折で、手術後も二度と絵筆をもつことが出来ないと宣告され日本画壇への夢を断念する。


その後4年の歳月を経て、

2009年4月に時の流れと共に移りゆく絵画”アール・グラージュ”との衝撃的な出会いに感動!

同時に自らの心までも癒されるのを感じて、

再びアールルネッサンス(株)代表 中埜氏プロデュースのもと2009年8月「命の夜明け」を発表。

日本人としての魂を深く感じさせる作品として好評を得る。




『感動と癒しのアール・グラージュ展示会』


12/6(日) 12/7日(月)



●時間: 6日  11時30分〜19時
      7日  10時〜19時



●会場: 銀座洋協ホール(Bホール)

東京都中央区銀座6丁目3-2 
ギャラリーセンタービル6F
TEL03-3571-3402


◆地下鉄 銀座駅下車C2出口より徒歩2分
◆地下鉄 有楽町駅下車中央口出口より徒歩5分



【作家来場・サイン会】
作家:梅澤千雅子


作家復帰第一作目を是非ご覧頂き、心に深い感動と癒しを体験して下さい