11/22 「生命の輝き発見セミナー 生き方見本市」

  • 2009/08/23(日) 00:24:26

みなさま〜

いよいよチラシなどができて、本格的に始動だそうです〜


どうぞコピペして応援お願いします^^


私は、体力とかぜんぜんないので、栗城さんのお話がたのしみです。

またラーメンみのりさんは映画を上映してくださったので、

ご一緒できてうれしいです。


すごい会場で、すごいしかけがあるみたいですよ〜〜〜


チラシ配れるよ〜って方、どうぞ声かけていただけたらうれしいです☆


*************************


2008年、
伝説の私塾『「人のご縁」塾』で
「縁(えにし)」を探求した中村文昭が、
満を持してチャレンジする堂々7時間の“人間力”ライブ


「生命の輝き発見セミナー 生き方見本市」
http://www.sunmark.co.jp/seminar/mihonichi/profile/index.html



“始まりなき始まりから終わりなき終わりへ”と
連綿と続いていく「いのちの大河」をイメージしながら、


◎生まれるとは、どういうことなのか?
◎生きていくとは、どういうことなのか?
◎チャレンジするとは、どういうことなのか?
◎自分の殻をやぶるとは、どういうことなのか?
◎つながっていくとは、どういうことなのか?
◎死とは、どういうことなのか?


「現代の語り部」中村文昭が渾身の力を込めて舞台に立ちます



登場人物は以下の8人。



■「一歩を超える力」(基調講演)
 ソロアルピニスト・栗城史多さん
 (現在、世界最高峰エベレストに
  単独・無酸素登頂チャレンジ中)
     _帰国後、初の大講演会

■産婦人科医・山縣威日さん
 (生まれ来る生命の神秘とは?)

■てっぺん代表・大嶋啓介さん
 (格好悪い挫折と失敗を語る)

■みのりの大将・石崎道裕さん
 (自分の殻の破り方を知る)

■フルールさわ・田島和子さん
 (植物との対話から学んだこと)

■「1/4の奇跡」監督・入江富美子さん
 (40歳から世界となつがる方法)

■在宅医療専門医・川島孝一郎さん
 (人間の看取りから見えてくるもの)


☆コーディネイト:中村文昭


●開催日程 2009年11月22日(いい夫婦の日)
 (開場)11:30 (開演)12:30
【第1部】12:45〜14:00
【第2部】14:30〜19:30(予定)

●会場
東京国際フォーラム B7
_参加費
一般の方 5000円
ご夫婦 2枚1組 8000円
学生 3000円
●未就学児は無料です。

●申し込みの受付を開始しました。
https://www.sunmark.co.jp/seminar/20091122/

怖いという感情と一緒に進む〜

  • 2009/08/18(火) 23:58:33

最近、テレビを買いました。


しばらく家になかったのです。


買ったら、サービス期間で無料で「スターチャンネル」が視聴できました。

映画ってほんとうにいいものですね、。。。

見るのは、、(笑)




映画を見れば見るほど、

「あ〜あたしはなんて怖いことやってるんだろ、、」

と怖くなったりします。

技術なし、、なんて言ってられません。

本当にないのだけど、

やはりよい作品に仕上げるのは、それも含め、主人公の方に対しての

また見てくださる方への、そして自分の作り出すものへの

「愛」なんだ〜〜〜って知ってしまったから、、。

技術にはしるというのではなく、最善を尽くすというのでしょうか、、。

知らないときはしかたないけど、「これがいい」ってわかってて

やらないのは、違う気がするからです^^


いつも「いい風に」は大切にしていますよ。


なにもわからないときは、怖いけど、むちゃくちゃ伝えたい、、という

ことでブルドーザーのように、怖さを踏みつけ進んできました。


「光彩の奇跡」も最高に怖かった。

でも、あふれる感覚がどんどん私を前に進ませていって、

怖いよ〜〜〜となきながらも、ブルドーザーのように進んできました。


そして3作目。

これは、完全に2人目の出産時のときと同じ感情。

欲しくて欲しくて授かった2人目。

陣通時

「神様、、うそです〜もういいです〜〜〜〜〜〜〜間違えました〜

この痛み、、忘れてました〜[m:55]」

と痛すぎて、「どんな思いしてでも二人目を」って思いも吹っ飛んだのです。

そして助産婦さんに

「すみません〜これ(痛み)、、多分普通と違います!おかしいです!」

と半分パニックになった私、、。

ちょっとの精神状態の乱れで、叫んでしまうくらいだった私でした。

「私はなんてばかなことしたんだ[m:55]」と痛がり、

無事出産した直後、赤ちゃんを抱いて

「かわいい〜〜〜〜[m:49]もう一人欲しい!どんなに痛くてもいいも〜ん」


とその直後に思う自分に驚いたことがあります。


私にとって、この経験と同じくらい、私にとって映画制作は未知であり、神聖であり、大切であり、と〜〜〜っても難しいものです。


うれしくてうれしくて、決めた3作目、、

まったく後悔なんてないし、やる気しかありません。

でも巨大な「不安」「恐怖」そんな思いもしっかりあります。



テレビとかで映画見て

「こんな映画、、なんのために作ったん?」な〜んて

恐ろしい思いを持つこともあるからだと思うのですが、

どんなに命こめて作っても、うまくつくれる保障はないのです。


しかし、自分が納得できるまであきらめたり、投げ出したりしないという自信だけはあります。

だから、その位置にいくまでは、恐怖との戦いなのですよね〜


後からは、いろいろ言葉にできますが、制作時は、

自分しかしらない自分との対話というか、人生が始まるんです。

すでに始まっています。


いよいよ怖さがきています。


「自分がやるんだ!」というエゴがあるときの「怖さ」は

もう経過しました。

これからも出てくるでしょうけど、、。

次の怖さは、「ちゃんとしなければ」

ということで自分をしばることです。



「ちゃんとしないでちゃんとする」


これができるときが一番流れていきます。

ストーリーを伝えることも大切ですが、

ストーリーは、本当にテレビって上手にまとめていてすばらしいなぁって思います。

私の映画の作り方は、

映像を見ながら、沸き起こる感情や思いをつなぎ合わせていくのが

私流なのです。

なので、「映像ありき」なところもあります。

説明もしにくいのです。

映像をみながら湧き起る感情で、編集していくんです。

だから、完成するまで

「これなんです〜」ってうまく言えないのが怖いんですね、、多分。


湧き起るものは人それぞれだけど、それを感じつなぎ合わせていくとき、

「なんかわからないけど、心に残るもの」

になると思っています。

説明できるようなのは、命は喜ばないって聞いたことがあるのですが、

説明できないけど、命が喜ぶ映画を作りたくて、でも説明できなくて、

今、怖がっています。



トムクルーズの「バニラスカイ」という映画をたまたま見たとき

「意味不明〜〜〜〜〜」

と思いながら、映像がおもしろくて最後まで見ていました。

なのに、未だに心に残り、さらにじわじわと深さがわかってきて

おどろきました。でも説明できない(笑)


だから、評価、、さまざまだろうなぁ〜と思う映画なんですが。




というわけで、映画作るの、最高に幸せで感謝で怖くて、恐怖なんです。

「こんな怖いこと、またようやるわ、、」

というもう一人の私。

「やれること、やらせてもらえることに感謝や〜〜ん」

と天然な私。


両方が私ですが、今の時期のこんな感情も記録しておこ〜〜っと。

ぴょん吉第2弾、第3弾のお知らせ

  • 2009/08/18(火) 16:43:13

第1回目は

大好評と感動の中で終わりました!

引き続き、もう一度来てお話聞いてください!としかいえません。

3回で完結!と思い構成しています^^

1回目が終了してから続々とお申し込みいただいています〜


なかなか開催がこれからは難しくなるかもしれませんが、

お話を聞かれるだけでも感動間違いなしです。



第2弾
講 師  企業コンサルタント カウンセラー

        うめざわ   ちかこ
           梅澤 千雅子 

テーマ「人生は変えられる!
      プラスからプラスの人生へ」



2009年8月29日(土)PM1:30〜4:30 (開場1時15分)
クレオ大阪東 研修室  「京橋」駅南口から徒歩約7分 5000円
梅澤 千雅子  プロフィール

眠りから目覚めたとき、
からだが動かせない!
夢かと思ったら現実に起こっている・・・・
普通にOLとして働いていた20代後半のある日、目覚めたら身体が動かない
自由がきかない・・・・・。
突発的な重度のリュウマチが自分の自由を完全に奪ってしまう。昨日までの普通を全て失ってしまう病。両手両足機能全廃というハンデ そこから約3年間の寝たきり生活が・・・・・・。


しかし、あるできごとをきっかけに人生が大きく変わる。

「人生は変えられる」

そう確信した。

それはだれにでもできること。

パワー溢れる感動のお話をご期待ください


第3弾

講 師  ヒーリングサロンRai 代表

         ライ  ルタン
            雷 如檀 

テーマ「潜在意識にアクセス!
      プラスからプラスの人生へ」


《日時》 2009年9月19日(土)
PM1:30〜4:30 (開場1時15分)
《場所》 クレオ大阪大阪中央 音楽室 (地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」下車、徒歩約3分) 《会費》 5000円
雷 如檀(ライ ルタン)  プロフィール

■ スピリチュアル・カウンセラー
■内閣府設立認証 日本カウンセリング普及協会認定
  心理カウンセラー
■ 現代霊氣ヒーリング協会公認 レイキマスター
■バイタルセラピーラボ公認 セラピスト

 幼い頃より霊感があり、予知夢や人のオーラが見え、
 タロットカードにも親しむ。
 数年前の元日、西の空に光を見て、天からのメッセージ           だと感じ、多くの人を癒すことを使命と確信。スピリチュア
ル・カウンセラーとして本格的に鑑定を始める。
 その後、数々のシンクロを経て、導かれる様に物事が動  き、人生の師ともいえる方との大きな出会いがあり、心の問題において潜在意識の重要さを知り、深く学ぶことを決意。
 更に、心理カウンセラーの資格を取得、バイタルセラピーラボにてレイキヒーリング、バイタルセラピーを学ぶ。
 2008年5月 大阪、心斎橋にてヒーリングサロンRaiをオープン。
「潜在意識にプラスを入れることにより、物事はプラスに進んで行く」ということを基本コンセプトとして、目の前の方が少しでも元気になって下さることを目標として鑑定をしている。



お申し込みは

「ピョン吉ワークショップ申し込み」と件名に書いていただき
【受付E-MAIL】: fwhoy@totalpraise.jp
【受付FAX/電話】: 06-6775-7646

この日、6時半から1/4の奇跡が同会館 クレオ大阪中央セミナーホールにてあります。

までお願いします〜

楽しいですよ〜〜

入江富美子 宇宙に感謝の量を増やす人、増量祭り 

  • 2009/08/18(火) 15:26:18

みなさま
ご無沙汰しております。いつもお世話になりありがとうございます。
走り回ってきた2年半ですが、テンプルビューティフルさんのご好意により
このたび私の3時間講演DVDが完成しました。

私の映画を作ったいきさつなどが中心ですが、
人生の
「これさえなければ」が「これがあったおかげで」に変えられていったこと、
また自分自身を受けいれることの大切さを経験し、映画制作を決心してから

かっこさんや雪絵ちゃんに出会い、すべてはひとつにつながっていきました。

つたない、、大阪弁で、、残念ながら神沼恵美子の足元にも及びませんが
私の素のままのDVDができたと思っています。

メイキング映像などもたくさん入り、また「宇宙の約束」の楽登くんやひろとくんの映像なども

入り、かなり感動的になっています。

少しでも伝わるようにとかなり時間をかけて編集しましたが、切り替えなどで

すこし、ノイズなどもありますが、かなりよいものになったと思っています^^


必死で、納期に間に合わせ、、、

納期どおり上がってきたDVD,,,,

予約の方のに、送らせていただいたら、力尽き、、、

なかなか告知できずに月日は流れ、、、、


こうして、やるべきことが、ずるずると先延ばしになる

ストレスを抱えて、暑い中、子どもとすごしながら、パソコンと

格闘しております><




しかし、主催してくださったテンプルビューティフルさんが

すばらしくわかりやすくHPにアップしてくださっています^^

入江富美子 宇宙に感謝の量を増やす人、増量祭り 

3時間DVD    2500円(税込み)

簡単なものですが、下記でDVDの商品紹介をしています。
http://www.caycegoods.com/goods_detail.cfm?itemcode=BB-DVD8

ブログはこちらから
http://caycegoods.exblog.jp/12075852/

ということです^^

ぜひお申し込みいただけたらうれしいです。

また、私の

トータルプレイズ  info@totalpraise.jp

でも取り扱いしておりますので

メールいただけたら幸いです。

また、うちのお店においてもいいよ^^なんて方は是非こちらにメールくださいませ〜



また、ハートオブミラクル物販部でも体制が届きしだい

扱ってもらえる予定ですので

もう少しお待ちくださいませ

ありがとうございました。

南正文映画制作委員会が出来ました☆

  • 2009/08/04(火) 23:22:31

みなさま、

いよいよ撮影が本格的にはじまります。

お盆に安曇野にある南先生のアトリエに一泊の予定で撮影に行きます。

今回は、ビデオが揺れない機材や、クレーン使ってみるかもしれません。


先生が自転車で走られるのを、車の窓から撮影したり、、

初めてのことでわくわくと構想を進めています。


さて、そんなわけで、「南正文映画制作委員会」ができました。


委員長には読売新聞本社の落合さんにお願いしました。

協賛いただいたみなさまとともに、

大切な本当のこと、、、が伝わる映画にできたら、、

と張り切っています。


そこで、またみなさまに応援をお願いいたします。


今回、いろんな方の応援を受けて始まったこの映画ですが、

現在、仙台での講演をきっかけに「仙台組」という

応援チームができ、もううれしくって、本当に幸せに調子に乗らせて

いただいています。

南先生の絵を応援されている方からも

ありがたい声と協賛をいただき、どんどんスイッチ入って

あとに引けない(引きませんけど^^)ような

ありがたい状況です。

ブログの方で随時、協賛してくださった方を

お知らせしていく予定にしています。


長々と書きましたが、是非みなさんのお力をお貸しください。

リチャードギアもみるであろう????この映画(笑)

どうぞよろしくおねがいいたします。



応援団のイムラさんが、協賛のチラシをアップしてくださいました。

こちらからご覧頂き、どうぞご協力お願いいたします〜[m:49]


http://friendfeed.com/minamijunkyouni


ありがとうございました。