7月4日(土) 入江富美子監督3時間講演会 in 松山

  • 2009/06/24(水) 19:15:22

今、愛媛から打ち合わせの電話がありました^^


そうです。

いよいよ3時間講演なのです!

今回は質問コーナーも作ってみようと思います。

しゃべります!

歌います!

今回は次回作についてもお話させていただきたいと

思います。

みなさん、どうぞよろしくおねがいしま〜〜す


7月4日(土) 入江富美子監督3時間講演会 in 松山
大好評だった東京「宇宙に感謝の量を増やす増量祭り」3時間講演に引き続き、
松山で入江富美子監督3時間講演会が開催されます。

入江富美子講演会♪
四国松山から 宇宙に感謝のロケットを打ち上げまーす!
3時間ぶっ続け吠えまくり講演会! 笑いあり涙あり歌あり!
みなさんどんどんおいでませ!松山へ

【開催日】: 2009年 07月 04日(土)
【時間】:  13:30 〜 16:30

【会場名】:  松山大学カルフール・ホール (松山市文京町4-2)
【入場料金】: 無料 但し、講演会運営の協力金(1000円、
       翌日の上映会と共通で1500円、小学生以下無料)をお願いします。

【主催者(団体)名】: 子ども未来プロジェクト/合田 陽子(ゴウダ ヨウコ)

【問い合わせ連絡先】: TEL/FAX 089-935-6437  (NPO法人ラファミリエ事務局)


翌日には同じ会場で上映会もあります。
監督挨拶も各回ありますので、是非お越しください♪


【イベント名】:「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」&「光彩〜ひかり〜の奇跡」上映会

【上映日】: 2009年 07月 05日(日)
【時間】:  9:00 〜 11:00 1/4の奇跡(1回目)
     11:45 〜 13:45 1/4の奇跡(2回目)
     14:30 〜 16:30 光彩の奇跡

【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 無料 但し、上映会運営の協力金(1000円、前日の上映会と共通で1500円、
                 小学生以下無料)をお願いします。

【主催者(団体)名】: 子ども未来プロジェクト/合田 陽子(ゴウダ ヨウコ)

【問い合わせ連絡先】: TEL/FAX 089-935-6437  (NPO法人ラファミリエ事務局)
【連絡事項】: 各上映前に入江富美子監督の挨拶があります。
        協力金付き整理券を、松山特撰市場で取り扱っています。


3作目、発表します☆

  • 2009/06/22(月) 21:47:51

今日は、3作目の映画に入るに向けての意思の確認の日でした。

今度の主人公の南正文(みなみまさのり)先生のところで

会談です。

先生の親しくされているご友人が名古屋から来られていました。

なんだか、「怒られる!?」

みたいな気持ちになりながら、

私の映画を撮りたいっていう気持ちがどんなものなのか、

質問してこられました。

そのおかげで私がどんな思いで向かってるかを熱く語ることができました。

先生のお仲間も私の映画を作る思いを聞いて

「うれしい、、、」と泣いてくださっていました。


みなさん、南先生が大事だから、心配だったのです。

なにか、お涙頂戴の映画にされるのではないか、、、と。

私は、この映画、なにか、怖くて毎日四天王寺さんにお参りに行ってました。

何が怖いか昨日わかったのです。

私が、自分をあきらめたり、先生にこびをうること、失礼なことをしてしまうことでした。


尊敬する人を描くから余計に、「この方の言ってることを優先したい」

と思います。でもそれでは、私という監督はいらないのです。

だから先生に言いました

「この映画で私が怖かったのは、私が自分をあきらめて、先生の意見を正しいものとして、なにもいえなくなってしまうことでした。

私は未熟者で、先生からしたら、幼稚園児みたいなものです。

でも幼稚園児なりに描きたいものを精一杯みなさんの力をお借りしながら作ります。

だから、映画作るときは、私は「監督」として対等に先生に

思いっきりぶつけていきますのでよろしくおねがいします」

と伝えることができました。

これまで、「自分のできる範囲で、お金も全て自分のできる範囲で」

そう思っていて、それがかっこよくて、責任をとってるって思っていました。

でもこの映画のことを真剣に考えるうちに

「違う!「人に迷惑をかけてでも」描きたいものがある!

人に迷惑かけてでも、人にお願いしてでも妥協せず表現したいことがある!

だから、「できる範囲」ではなく、自分がやりたい「最高のもの」

でやる!」」


って思いました。

人に迷惑かけてでもやりたいね〜〜〜ん!

これ、、前回の2作も同じでした^^

今回も私の代表作になる、、そんな気持ちでやります。

「人に迷惑をかけてでもやる!

そして最後には、迷惑をかけないっていうのが、最高〜〜〜♪


だって、いつも主人公の人と親友以上仲良くなれるもの〜〜〜


今日、一緒にきてくれた、梅澤さんは、

もう、映画のメッセージを聞いて「それは、やるしかないやろ〜〜〜!」と

すごい協力者に、、、

国連をコーディネートしてくださった0さん

いつもかげで支えてくださる影のプロデューサーの0さんも

「こりゃ、ほっとけん!」と立ち上がってくださって、、、。


東京はまちゃんや、エハンのうれしい支援の声に

「平和の風が吹く映画」になる!と確信が、、、


やっとみなさんに公表できるくらい強い私が出てきました。


今の私のことは、自分で信頼できます。

ぜったいやる!

いや、この映画が未来にまたあるのが確信できました。

「無敵の一滴」が全身にみなぎっています。


今回の主人公の南正文(まさはる)さんは本当にすばらしい方です。

この内容、、是非読んでください!

http://book.moralogy.jp/magazine/reirou/pdf/2105a.pdf


この映画を応援してくださる方、サポーターの方のメーリングリストの
準備ができそうです^^

メーリングリストを作ってくださる方が現れました。

どんどんそれで撮影状況などを発信していきたいと思います。


この映画に参加したい!なにかやりたい!手伝うよ^^

って思ってくださる方、、

是非メーリングリストにご登録くださいませ〜

応援メッセージを送り続けるよ〜〜

なんてサポートなど

どんなものでもお待ちしていま〜す。

info@totalpraise.jp

ありがとうございました。

さあ、はじまるぞ☆どきどき

  • 2009/06/19(金) 09:30:43

今日から東京に入ります、、、。

明日はモーニングセミナーからみっちり予定が入っています!


気合いれて東京です!




そして、実は、今日のお昼は

私の新しい作品の初めての撮影の日でもありました。

つまりクランクアップ。

なぜ、いいたがりの私がなかなかみなさんにお伝えできなったのか!?


それは、、、、主人公の方に断られるんじゃないか?って内心びくびくしていたからなんです。

出た〜〜〜[m:57]

そういえば、かっこさんにも、のり子さんにも

同じ心配していたなぁって思います。

「もうやめる!」って言われないかって><




今度の作品の主人公の先生は以前からず〜〜〜っと私の中で

尊敬する人としてありました。


先生は私の映画も見てくださいましたし、私も先生の講演に生かせていただいていました。

しかし、長野におられたので2年間お会いできませんでした。

私はその方の講演をお聞きして

だれの中にも神がありますが、先生には私の大好き系の神さまを

感じたんです。

僧侶系といいましょうか、、。

そんなこともあり、四天王寺さんに毎日、この映画のことをお祈りしに

行ってたわけなんです。




またまた先生と先生に流れる大きな力を描かせていただきたい!

そんな思いでちょっと、またまた神聖な気持ちにさせていただいていました。




先生はご自分の講演もDVDにすることも避けておられたのですが、

5月の末に再会したとき、先生の中で、今、師匠の教えや自分の感じて

いることを残そう、、と思っておられた

タイミングだったのです。





そんなときに私に再会し、先生も「ふ〜ちゃんだったら、、、、」

と思ってくださったそうなのです。

もう感動して、うれしすぎてこの話がダメになるんじゃないかって

ずっと怖くて、、。

本当に私は土下座してでもいつか描かせていただきたい!って心に思い

ながら、私にはまだ力がないから、もっと先に、、、、って思って

いたんです。




身にあまる出来事に

ほんで体調崩したのかな????








で、今日は撮影の予定だったのですが、

昨日お電話があり、奥様が怪我をされて今日、一緒に行く予定だった場

所に一緒にいけなくなったんです。

先生が「今から来れる?」と昨夜おっしゃってくださったんですが、

なかなかそこは自由に動けない><

ん〜〜〜おかん督としての苦悩でした。。。




そんなわけで今日のクランクインは中止!





これは何だろう、、。

新しい挑戦の前に何が起こったのか、、。

神秘は詮索しないでいいらしいが、、。






でも、内側もからだも整えないとってことですね。

このお話が進んだ日から、毎日すごいスピードで

映画に必要なことが目に飛び込んできます。




そんな中、

靖子ちゃんとおのっちも新しい次の映画に進み始めます。

おもしろいですね。

いろいろ相談しながらそれぞれが別々に立って活動するのは

私の理想でした^^




で、、私もまたまた一からの映画製作、、

おもしろい仲間で映画製作新チームができそうです。

またこれは後日書きます^^




そして、サポート募集です。

力を貸してくださいませ


チラシ作りとか、インターネットとか、

データ作りとか、私にはできないことがいっぱいあります。

どうぞどうぞ今回の作品作りのなかで、

「手伝ってもいいよ〜〜!ふ〜ちゃんと遊んだろ!」

って方がおられましたら、ボランティアさん募集です!

こちらまでメールいただけたらうれしいです。


今は一人でスタートしていますので、

なかなか対応も失礼があるかと思いますがどうぞお許しくださいませ。

困った><って時にみなさんにお願いさせていただきたいです。


info@totalpraise.jp

までお願いします

具体的にはもう少しお待ちくださいませ

ボランティアでメールくださった方には

撮影日記みたいなものを送らせていただこうと思っています。


ですので

件名を「ボランティアしてもいいです」って書いていただいて、、

内容を

「こんなこと出来ます^^」

「メーリングリスト参加希望」

とか、書いていただけますか?


メーリングリストとか作れないので作れる人も募集です。


再度、私はパソコンでの作業が全く苦手です><

チラシとか、デザインとか、DVDの表紙印刷できる人とか

表紙デザインできる人とか助かります。

私は、そういうことの技能がなく><とっても苦労しています。

どうぞ仲間という感覚でこの映画に力を貸してくださいませ。

どうぞよろしくおねがいします。

20日東京ご参加くださいませ〜

  • 2009/06/18(木) 05:11:02

二十日に朝7時から後楽園倫理法人会さんで

講演をさせていただきます。

お問い合わせを頂いていますので日記にアップさせていただきますが、、

HPがまだ、20日に講演者の方のお名前が私ではなく、

違う方になっていますが、私が行きますので^^どうぞよろしくおねがいします。

会場の地図はこちらです。

http://www.tokyo-rinri.net/seminar/kourakuen.html

その後、11時から下北沢トリウッドの近くで、一緒にランチをさせていただく

懇親会があります^^


■6/20(土)  11:00より入江富美子監督と"懇親会ランチ"

☆参加方法☆
ご希望の方は、6/18(木)、15:00までにトリウッドまで メール(tollywood@nifty.com)で"懇親会ランチ"参加希望、 お名前、ご連絡先(電話番号)を明記し送信してください。
☆6/20(土)上映の作品(「光彩の奇跡」「宇宙の約束」「1/4の奇跡」) をご鑑賞のお客様を対象とさせていただきます。

☆会費☆
当日お店でご飲食された代金をお支払いください。
予算は1.000円前後を予定しております。
※映画の入場料は別途

☆場所☆
下北沢 トリウッド近辺 (場所はご予約メールをお送りいただきました お客様にご案内させていただきます)

☆当日の予定☆
11:00 会場集合
直接ランチの場所にて集合とさせていただきます。

12:10 ランチ終了 トリウッドへ移動

12:30 「光彩の奇跡」上映

映画「アースピルグリム」監督のエハンデラヴィさんも申し込んできださっているそうで、、、

なんて豪華なんでしょうか〜〜〜〜

みなさまお越しくださいませ^^

チャレンジャーゆうくんを応援したいです☆

  • 2009/06/10(水) 23:31:58

てんつくまんの映像部のゆうくんが

映画を作りたい!と強く思って動き始めました。

お話を聞いて、、あ〜〜〜〜こんなに全身全霊で伝えようとしている、

なんてすごいんだ!って思いました。

てんつくまんの映画もそうだけど、本気で自分で動いてそれを映像で伝えている。

だからこそ人の心を動かしている。


私は、ラジオ体操を最後まで立ってできないほど、体力がなく、

こんなチャレンジを聞くと、本当にすごいなぁって感動します。


ゆうくんのメールです。

もし見て心が動いたら、自分のできることでつながりを感じることの

できる映画への協力をお願いします。

私にはできないけど、やろう!としている人の応援ならできるから

私も心から応援します。

以下、、、ゆうくんのメールから

********************

YOUより〜読んで下さい
2009年06月10日 17時06分 発行
最近お蔭様で読んで下さる方が多くなったので
改めて自己紹介と想いをつたえれたらと思いまして

僕の全てを書きます,読んで下さい,ヨロシクお願いします

サワラギ ユウイチロウといいしまして
現在てんつくマンが代表のメイクザヘブン映像部で働いてます,

僕はサッカー少年でした,もちろん夢はサッカー選手。

小さい頃それを大好きだったばあちゃんに話しました,
「僕ね20歳になったらサッカー選手になるんだ」って。

ばあちゃんは「ゆうちゃんの20歳になった姿みたいな」って言ってました

僕が中学二年になった頃ばあちゃんが亡くなりました。

ちょうどその時期にテレビをみました,その内容

「地球は50年後におわる」というものでした

中学生の僕はそれ以来朝3時に起きて
ゴミ拾いしながら朝一人でボールを蹴る事を始めました

サッカー選手になるにはこれくらいって思ってやってました

ゴミ拾いはのテレビを見てこのままでは地球が終わるって思い,
でも恥ずかしかったから朝誰もいない時間にやっていました。

そんな生活を続けた中学の最後の大会は奇跡を信じるようになっていました。

試合中ボールがラインからでそうになり全員が
ボールを追うのを諦めた時,自分は
「誰よりも練習した」そう思ったら自然とラインから
出ないような気がしてボールを追っていました,すると

ボールが角に立っているコーナーフラッグと
呼ばれる棒にあたり本当にラインからボールがでなかったことがありました

そして全試合途中出場ながら県大会得点王にもなりました

努力は奇跡を起こす

そう信じた僕は高校生になりました。

そして待っていたのは…

どれだけ走っても,どれだけ練習しても,試合にでれない現実

高校でレギュラーをとれなかったらサッカーをやめよう!

それは自分の全てを無くすとイコールのものでした。

誰よりもやってるのにベンチから試合を見る悔しさ…

高校最後の大会,僕は試合に負けてめったに
流さない涙を流していました,声を押し殺して…

ベンチにも入れず応援スタンドで…

「終わった…なにもかも」

高校卒業後何をしようか…

そんな時思い出した言葉

「ゆうちゃんが悲しいなら私も悲しい」

幼い時に父に怒られて泣いていた自分に
ばあちゃんがかけてくれた言葉。

そして本当に涙を流してくれたばあちゃん…

高校卒業後の進路に悩む僕が決めたこと。

それは、ばあちゃんが言葉ではなく行動で教えてくれた
「泣いている相手のことを本当に思うなら涙も流せる,これが愛というもの」そ
れなら

それを世界に伝えたい!自分がその時ふっと思ったこと、それが

「映画」

いい映画なら世界の人が見てくれる,
スクリーンがない国にはスクリーンをもっていこう!

「世界を映画で繋ぐ」果てしなく遠そうな夢ができ,

そのヒントをさがすべくバイトで貯めたお金を
もってカナダとアメリカ横断の旅にでた。

半年くらい…

そこで出会った世界一周をしていた日本人に言われた

「日本なんて全部同じで面白くないよ」

その一言を聞いた時,カチンってきた!

自分の国やん!って思った

でもすぐに自分に問い掛けた
「お前はカチンってなっとるけど日本の良さ語れるの?」って

それで帰って日本を旅しようと決めた、

同時に環境の事でできることないかな…

思い付いたのは自転車で日本縦断して
日本中の環境メッセージをもって2008年洞爺湖サミットに乗り込もうって考えた,

ちょっとの環境の知識と世界を繋ぐ映画をつくりたいのに旅をしようとする矛盾
な感じ,

この時みんなそうだと思った,全く同じ人なんていないから、

「自分は世界に一人なんだなー」って

旅が終わったら映画の世界に入ろうと思っていた

いざ旅をしてみると日本の素晴らしいとこをみれた,出逢えた

今この瞬間も誰かの為に,それが自分の
喜びにつながるって感じて動いている人たちに逢えた


そして奇跡もおきた

疲れきった足で自転車をこぎ,テントで寝て疲れがとれなく、
でも出会いによって癒されちょっとの環境知識、
環境のコネクション0で道端で書いてもらったメッセージは600人以上にもなり,

衆議院の小池百合子さんや登山家の野口健さんらにも書いてもらい

最後はサミットの日に北海道洞爺湖サミット推進本部にその大きな旗を掲げるこ
とができた。

まさに奇跡だった

ゴールして思った…世界を繋ぐ映画、自分が旅で
出会った人含め大切な人が生きている間に見てもらいたい。将来ではなく、今映
画をつくろう!


そんな思いを持っていた時てんつくマンと出会った

その多くの人がつながるドキュメンタリー映画と
生き方は僕の「世界が繋がる映画」に光をさした

今年一月に登山家の栗城くんと会い登山がきになった、

人間の極限の世界,世界一の山エベレストに世界の仲間とどうなるだろうか?

しかもドシロウトが一年以内に…

人間の極限の状態の中しかも世界の仲間と協力して
登れたら文化や考え方も含め育った環境が違う人間が
繰り出す極限でのドラマには「世界が繋がるヒント」が生まれるんではないか

そう考え、一年でエベレストに登るといってここまできました。

二月にネパールにいってきました、雪山ではないのですが
4500Mの初登山で高山病で頭が割れるような痛さになりながら登ったのを思い出
します,

来月6000Mくらいの雪山に登ります。

エベレストに登りたいのは世界が繋がるヒントを生み出したいからです…

そのステップとして今回7月に登る為今月中に70万を集めなければなりません!

お金お金言ってる自分がすごく嫌です…

でも世界が繋がるヒントがうまれる映画をつくるため、
環境も戦争も全て手をとりあえるヒントを世界に届ける為、
僕は親からもらった愛おしい命をかけて世界に奇跡的な
メッセージを伝える覚悟です!もちろん生きて下山します

僕に奇跡を起こすチャンスを下さい!

今回登ることは本当に大きな一歩です

長々と書きました…イベントに書き下ろしなどで呼んでいただり、
こちらから名前でインスピレーションで言葉書かせて
発送させていただいております、応援メッセージも励みになります。

書き下ろし発送の場合代金は1500円で送料込み!スポンサー費込み
出来上がりはこんな感じです

http://d.pic.to/11s0uf
【郵便番号】
【住所】
【氏名】
【書き下ろし対象名、自分以外なら関係も】
【入れてほしい言葉リクエストあれば】
を明記の上,下記に送ってください。

00555394r@merumo.ne.jp




【登山ドシロウト一年以内に世界の仲間とエベレストに登れるか?】
応援ヨロシクお願いいたします!読んで頂きありがとうございました。

今日も平和な小豆島より感謝をこめて。

ゆう