濃い〜東京四日間☆

  • 2008/12/16(火) 10:23:23

昨日東京から帰ってきました。
私は東京に行くたび、学びがあって幸せだなぁって思っています。
一日目は、港区での上映と講演会でした。
立見がでるほど人が集まって下さいました。
終了後、ご飯を食べる間もなく、埼玉へ。
来年2月7日にサントリーホールで山元加津子さんとジョイントコンサートをさるるキムシンさんのシンセサイザーコンサートに出席!
宇宙遊泳したようでした。
その後、懇親会に参加し、最終電車で東京青山まで一人で帰ります。
一瞬、一人で外国に来た恐怖感みたいなものを覚え、メンバーみんなに迷惑帰りみず、今日の報告メール。
翌日は朝9時半から、光彩の奇跡のクローズの上映でした。
たくさんの方が来て下さり、フィードバックをいただきます。
いろんな芸術、活動をされている方も多く、大変参考になりました(^O^)映画プロデューサーの方が感動して下さったのは本当にうれしかったです。
その後、会場オーナーの藤井さんや、世界中で活動されている方、キムシンさんのプロデューサーさんと食事。
最高にワクワクするひとときで、私にとってたくさんの栄養、在り方、エッセンスをいただき、本当にありがたかったです。私から見てみなさんは、「世界中でそんなすごい無謀(笑)なことやってるんですかぁ〜〜」と思ったのですが、そのみなさんに「またまた変(あほ)な人に出会ったわぁ♪」なんておっしっていただき、まだまだ世界は広い!と十年後、二十年後をイメージできましたp(^^)q
その後、下北沢のトリウッドと言う映画館で打ち合わせ♪
2月7日から、一ヶ月ロードショー決定〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
またみなさんにお知らせしますね。

またまた最終近くに一人ホテルへ。
バリバリのキャリアウーマンやん〜〜♪とうれしがっていました。
翌日はしまへいちゃんの上映会。
十時にはかっこちゃんたちと会場にいました。
集客に苦戦していましたが、みなさんのおかげさまで満員御礼♪
よい感じでうまってました。
しまへいさんが東京でしてくださるのはこれで十回くらいかな?
しまへいさんや回りのボランティアの方の暖かさに触れ、最後はないちゃいました(・_・、)
そして、懇親会♪
マイミクの伽羅さんやルナさんとゆっくりお話できて、とっても楽しかったなぁ〜〜。書ききれないです。
その後、かっこさんの付き人小林さんが東京ミッドタウンのイルミネーションを見につれて行ってくれました。
そしてかっこさんとケーキを食べ、ホテルへ。
どれだけ遊ぶねん(笑)って感じですね。
翌日は、朝7時から、映画館のチラシの打ち合わせ!
大好きな応援団であり、友人のしゅうちゃんといずみよさんが精魂こめてチラシをデザインしてくれます。1時まで充実した打ち合わせ!
そして新幹線で、京都へ向かいます。
途中、母親から電話が!?
子供が怪我をして病院にいると!
昨日の晩、夢で子供が危なかったんだけど、無事だったとこで目が覚めて、ちょっと予感はしとました。
お医者さんから、電話で説明を受けると、足のすねに、つまようじで作った傘のえがつきささり、中でおれたらしい。
なんでささるん?と笑いそうになる私は母失格かなぁと思ってました(笑)
足を切開していいですか?と言う許可のための電話でした。
切開って言う言葉がこわいやん〜〜〜
自然療法でやりたいとこだけど、こればっかりは!
切るのはちょっとでたいしたことないらしい。

息子に代わると元気そう。ちょっと被害妄想モードに入りかけながら、大丈夫さって思い、そのまま、京都へ。

京都では大好きな村上和雄先生にお会いします。
先生の部屋で「宇宙の約束」のインタビューでした。
先生は私の顔を見て、
「またやり直せ!なんて言うんじゃないの?」と笑っておられました。
「先生あのとき、どう思われました?」
とお尋ねすると、
「なんて厚かましい奴だって(笑)でも熱意が伝わってきたからね〜〜憎めなかったね」と言って下さいました。
先生のいのちのお話を泣きながら聞かせていただくうちに、ここに生まれただけで、大勝利!
つまようじの一つや二つたいしたことはないわ♪と今頃、泣いて暴れているであろう息子を思う薄情な母m(._.)m
最後に先生がハグしてくたさり、またまた厚かましく
「先生、今度は生と死についての映画を作りたいのでよろしくお願いします」
と口をついて出ていました。
先生は
「あまりこきつかわないでよ〜〜(笑)」と笑ってくださいましたが、きっと本音ですわぁ〜〜
でも、先生は映画館用チラシのコメントを書いて下さる約束をしてきださいました。あ〜〜いつか先生に恩がえししなきゃ。

そして、家に帰り、保険証を取り、子供たちのもとへ。

「たくみ〜〜〜〜〜〜」
と呼びながらみんなが集まってた弟の家にあがっていくと、たくみはけろっとしていました。
「どうやった?痛かった?」と聞くと
「すご〜い楽しかってん。レントゲン撮ってな〜〜縫ってなぁ〜〜病院ってすごいねん♪」と
キラキラ話す息子を見て、
「しめしめ、これをきっかけに、医者になるっていいだすかも、うふふ」と
心でガッツポーズをした私が、そうとういけてない母親でございます♪
おそまつ〜〜〜〜〜(笑)