やめとき!と言われたら???

  • 2008/07/27(日) 23:12:43


光彩の奇跡が終了し、この映画にご協賛いただいた方におパンフレットとお礼の言葉を送ることにし、何か心のこもったことはできないものか!?と思いついたのがはじめて書いた絵を同封することでした。

「下手でもいいから、一番最初に書いた絵を送らせて頂こう!」

そう思ったわけです。おまけのようなものですが、私にとってはグッドアイデアでした。

しかし、夜、下書きを描いてテーブルにおいてあったのを

主人と子どもが朝、見たようです。

主人は
「お前、絵はやめとけ!」

こども
「これは、あかんわ!パパ、ママに絵はやめときって言っといてな」
そう言ってたそうです><

でもでも、え〜〜〜やん!ひとまず、下手でも書いてみて最初のを送りたいねん〜〜(今思うと、単なるエゴで、迷惑な話です」

でもあまり深く考えずに書きました。思いつくままに色をとって、、、。
結果は、色もきれいじゃないし、思っていたようにもえがけませんでした。気にいったわけでもないし、満足したわけでもないのですが、
でも、でも、でも初めて挑戦した絵が完成したことにうれしくて、送りたかったのです。

今思うと、下手な絵、もらっても困るよなぁって思いますが〜
届いた方ごめんなさい!

今、なかなかいっぺんに送れず、少しづつ送っているのですが

今日、大変仲良くさせていただいている方からお電話がありました。


真剣にこう言われました。

「今日ね、絵、、、届いたよ、、、。

絵は、やめといたら、、、!色も汚いし、重いわ〜。なんか、入江さんのよさがでていないし、、、。
いろいろやっていい結果がでてるんだから(映画とか歌のことを誉めてくださっています^^)みんながっくりくるよ
あれはちょっとね〜〜〜」

みたいなみたいなニュアンスのことでした(笑)

でも、全くいやな気、、しなかったんですね。

本当に下手だったから、、、。

でも伝えてくれたことにその方の正直さとかを再確認したり信頼しなおしたり、、そんなことでどうにかなる関係ではないので、まったく腹はたたなくて、私は笑っていました。

振り返ると、その人ではないんですが映画を作るときも

「やめとき」と言われました。

2作目なんかは

「やめとき!」の連続(笑)

1/4の奇跡のエンディング曲を歌を歌ったときも、応援していただいている大好きな方から試写会終了後に

「ふ〜ちゃん、歌うまいわけ違うから歌やめとき

せっかく、映画いいねんから、映画には歌はずして伴奏だけにし」

そう面と向かって真剣に言われました(笑)

こんなん言われる監督って笑えるよなぁ〜とその場にいた靖子ちゃんと
小声で話し、笑ったことがあります^^

まぁ、全て言ってくださった人がいい人なので、受け取れたのでしょうけれど^^

私は、今回の絵を書いてみて、はっきり言って、私、絵はこれで最後にしてやめようって思っていました。
本当にあかんなぁ〜って自分で思っていたからです。

ところが今日の電話で
「???もしかしてあきらめなかったら、書けるようになるのかな?」

と逆に思ってしまったのです。超ポジティブ!

そのことを考えながら、

ちょっとした言葉で、どん底に落ち込む私もいれば、

結構、辛らつな言葉に勇気をいただく自分を発見!!!!

自分の表現したいことや可能性に対しては、遊び心がはたらき、すぐチャレンジ精神!が働くのですね。

ところが、自分の言葉のあやとか、、うまくつたえられないとか、誤解とか、いい風につたわらないこととか、
そんな普通のことになると、とたんに弱い自分がいます!
超、ネガティブ!私はだめだ〜と引きこもりたくなったりします。

映画製作時にはあんなに強いし、どんな言葉も栄養にできるのに、
映画撮り終えたら、全然だめで〜><別人ってくらい、、。

どうやら、私にとっては、チャレンジは人生を面白くさせてくれるらしい^^
つよくもなれる、、。
苦言を言ってくれる人を大切にできる自分が現れる^^

チャレンジしていないときは、全てが穏便にいってほしい

チャレンジって言っても無理をするのではなく、楽しい挑戦ってことですが、、、。

私にとって最高のプロジェクトはもちろん家庭^^

主人とこどもとの生活です。

それもわくわく挑戦にかえていったらいいんや!!!

今日、そんな気付きがありました^^

「やめとき!」と言われてもへらへら〜とやってみたいって思えるテーマを見つけてみよっと^^わくわく

今は、こどもや主人が自由に泣いたり、笑ったり、感情や思いを伝えあったり、表現したり、できる空間を作るような肝っ玉かあちゃんになりたいなぁ〜〜〜〜!どんとこ〜〜〜い^^
そして主人やこどもの友達が家にきても同じように、ど〜んとこ〜い!って感じで、気張らずに自由で面白い家庭っていいなぁ〜。
中学とかになったとき、子ども達の友達が大勢きて
「おばちゃん、ご飯〜」
とか、言われたら最高やろうな〜

「よっしゃ〜焼そばでもしよか〜〜^^」なんて山盛りの焼そばとか、、、

どんどん肝っ玉かあさんの妄想が膨らむ!

とりあえず、太ろう(違うか^^)