天孫降臨!!!

  • 2008/06/15(日) 22:09:27

今日、講演の帰りデパートによると

「父の日ですよ〜〜〜〜」と呼び込みの声、、。

私には関係ないなぁ、、、、。お父さんいないし、、そう思って通りすぎました。

その後、伊勢の中山靖雄先生からお電話いただきました。

「ふ〜ちゃんに伝えないといけないことがあってね。

お父さんいるでしょ。おとうさんの好きな食べ物でも買って帰って」

そういわれます。

「先生、、父の日、私には関係ないんです。いないので」

先生は

「6歳の時なくなったんだよね。肉体はいないけど、お父さんはいるんだよ。お父さんがいるからあなたがいる。どんなお父さんだったかではなく、お父さんだからありがたいんだよ。

お父さんの好きなものを少し高いところにおいて、子ども達と一緒にこれがママのお父さんが好きだったものだよ。みんなでいただこうね。

そう言ってみんなに分けてあげて、、、。

お父さんがいて、ママがいるってことを伝えて。

それが天孫降臨なんだよね」

っておっしゃいました。

う〜〜〜〜〜〜ん。私はうなりました。

私はお父さんが早くに亡くなって意識が薄くておろそかにしていました。

でも父がいなければ私は存在しない、、、。

だから父がいてくれたことだけで感謝なんだと教えてもらいました。


そしてその感謝が天でつながってお父さんの心が喜ぶ、、。

なんてうれしいことでしょう、、。

なんだか、涙がでました。


「おとうちゃん、、ごめんね。ごめんね。」

忘れてしまっていたこと、、、私には関係ないって思ってしまったこと。いろんなことにごめんなさい。

今日はお父さんがいてくれたことに感謝して寝ようと思います。


いつもそうですが、中山先生はこうやっていつも映画を作る私にいろいろ心についてお話してくださいます。


そのたびに映画にそのエッセンスが入るのです。

先生に

「先生、、、先生は私の映画の影のプロデューサーです[m:49]」

そうお伝えしています^^

「いつでも思いついたら帰っておいで。なにも心配いらないから」

そう言ってくださいます。

私は先生の言葉のひとつひとつが大好きです。

押し付けて教えていないのに、感謝が溢れてくるお話、、、。

みなさんにもお伝えしたかったので、、、、。

ありがとうございました。

データが消えた!光彩の奇跡

  • 2008/06/15(日) 01:22:25

今日、コンピューターがフリーズし、再起動したら、

完成まじかの映画のデータが全部消えていた、、、。

なんど再起動してももうだめ、、、。

体が振るえ、、、なんとか上映には間に合わせなければ、、、。

靖子ちゃんにすぐ、震えながら電話した、、、。

「靖子ちゃん、、データ全部消えてん。上映日まで、私しばらく編集にこもるから、、、。どうしよどうしよ(泣)やるしかない、、、」

わなわな震えました。

「なんか、方法ないの?」と靖子ちゃん、、、。

「バックアップ取れない容量だからないねん。だから試写会で作った映像をみながらもう一度、映像を組みあわせるわ」

そういう私に
「メーカーに聞いてみたら?」

よし!とばかりに購入先の会社に電話、、、。

すぐ電話に出てくれた、、、。

半泣きで、事情を話すとひとつひとつ説明してくれるが、私はもうだめだ、、、と思っているので体が震えている、、、。

ところが、
「パソコンならデータが飛んだらもう終わりですが、この機械は過去に保存した履歴が残るんですよ。だから保存したことがあれば少しは修復したものが復帰できます」

まじまじまじ〜〜〜〜〜〜。そんなんできるの??????


そして復帰出来ました〜〜〜ばんざ〜〜〜い[m:87]

このときの感動と解放感は素晴らしかった、、、。

もう全てのもの、ことを許す〜〜〜〜[m:49]

あ〜〜〜〜〜あんなに完成真じかまで編集しているときは、時間ない〜って追われていたのに、

もう一度、一からやり直しだ!と覚悟を決めた後に、編集内容が復帰できたとたん、「時間ある〜〜〜」に変わった。

私、、、、余裕〜〜〜

明日は1時半の講演までに2件の打ち合わせが入っている、、、。

その前には朝の様子をちらっと撮影に行く、、。


時間ある〜〜〜〜[m:47]


あれほど恐れていたデータの消滅!!

履歴で残るのがわかってから、心に平安が、、。

これまでのデータが飛んだら一巻の終わりだ!と抱えていた2年間のストレスはなんだったんだ。。。

あ〜〜〜怖かった><

帰ってきた夫にそのことを話すと大笑いしながら説明書読んでくれてます。

説明書読まないんですよね〜〜〜私><

でも今幸せです[m:49]