光彩〜ひかり〜のl奇跡 ラストスパート!

  • 2008/06/07(土) 21:39:40

みなさま〜〜〜
スタッフの試写会などが始まり、そろそろ最後のラストスパートです^^本当にありがとうございます。
水曜日にナレーションをいれ、木曜日早朝から金曜日の朝の試写会開始までぎりぎりまで編集していました。
映像って時間いるんですよね〜〜〜☆

徹夜明けの試写会終了後、ご飯も食べずに伊勢行きの電車に飛び乗りました。
「もう、私、、すっかりおちついて大人だわ〜」なんて1/4の奇跡の時の、ぶっとばし精神は落ち着いたのかと思いきや、、、

やはり、、、、「行け〜〜〜〜!」という言う心に声があるかぎり、
走り続けるおおばかものは変わっていませんでした。
あほ、健在!



で〜〜伊勢に行くとたくさんのお客様がおられました。
ロスで映画を見られた鯉沼さんと言う方が来られていて、ロスで中山先生が映画に出ていることに驚き、
以来ロスの応援団でございます^^

ロスでの上映をきめてくださっています。


できたら、光彩〜ひかり〜の奇跡の感想を頂こうと、試写会のテープをもっていきました。
中山先生に2作目の映画を見ていただく時間はありませんでした。

しかし、来客が多く、奥様も大変なこともあり、先生の秘書として
奥様の代わりに正式参拝のお手伝いをさせていただき、結局、1日に2回も伊勢のお参りができました。

いろいろお話はしましたが、、、、。
大事なことがわかりました。

中山先生はこれからは
「えらい人ではなく、ありがたい人になっていく」ことの大事さを何度も教えてくださいました。



今回の映画の主人公の寺田先生はこれまではえらい人、、、すごい人として生きてこられたり見られていたことと思います。


しかし、今回、試写会でもみなさんの感想をいただき、思ったのですが、今回の映画では数々の本音、、そして反省、告白、、、いろんな本音でたくさんの気付きを見せてくださっています。

えらい人は、自分の培ってきたものを崩されることは、嫌でしょう、、。


私は始めて映画のおおまかな映像での構成を寺田先生や紫翠先生に見ていただいたとき、、、
「こんなあからさまなことは隠したい」とか、ちょっと怒られるのではないか??そ
んな気持ちさえありました。


しかし、先生方にそのことを伝えたとき
「全部、私たちは入江さんにお任せます」
そう言ってくださいました。

私は、自分を守るのではなくそうおしゃる先生方に
大きな意味でありがたい人、、、、そんな感じがしたのです。
そんな感謝や尊敬、、いろんな気持ちで映画を制作しています。

最後に報告です。

今日決定しました。今日、泣きながらお電話いただき、私も感動したので、シェアさ
せてください。
ガイアの映画の音響をサポートされた会社の方が1/4の奇跡を見て感動し、即決め
てくださったそうです。
9月5日に東京で
1/4の奇跡の上映後、龍村仁監督の講演、そしてガイアシンフォニーの上映、、、
龍村仁監督に見ていただきたかった、、その夢が叶い、、しかも二本立て!夢のコラボです。
ありがとうございます。