光彩〜ひかり〜の奇跡試写会終了!

  • 2008/05/22(木) 21:26:43

本日、荒削りながら、光彩〜ひかり〜の奇跡をスタッフと、主人公の寺田のり子さんと天使河原紫翠さんとで行いました、、、。

怖いっていうか、通過しないといけない大切な日なので、腹くくってましたけど、、、、。

なんかいろんな気持ちが入り混じっていました、、、。

伝わるだろうかと、、、、、、。


しーーーーーーーーん。


上映中、、、、、みんな静かに見てくれています。



上映後、みんなからフィードバックいただきました。



結果は、、、、、、

内容の強弱や表現の仕方などのテクニックについては
いろんな役立つ意見をいただきました、、、、。

どう表現するのか、、、、。

たくさん意見をいただければいただけるほど、自分がどうしたいか、、、
この映画を表現しるかなどがはっきりするので、私はたくさんの観点をお聞きするのが大好きです、、、^^

多観点で考えると、、自分の中の想定外のことが、自分の想定内に入り、、、そこから自由に決めていくことができますから、、。


なによりうれしかったのは、映画のメッセージがみんなに伝わっていたこと、、、。

意図は、伝わっていたので、表現はここから磨くだけだから、ほっとしました。

「もう一回、1/4の奇跡をみたくなったわ」

「1/4の続きの映画やなぁ」

「みんな大ちゃんになれるってことやって思った」

などなど、思いもよらない感想も出ました、、。


私としては、新しい映画を作ったのですが(笑)

さぁ、公開まであと一息!

どんな映画になってますか、、、お楽しみにしててくださいませ〜〜

2作目のプレシャーはあるのか!?

  • 2008/05/20(火) 22:49:45

2作目、、ということを良く考えます。

プレッシャー!?

あるのかな?

不安はあるけれど、プレッシャーというより、自分が納得いくまで

映像を自分自身が作れるのかが本当にいつもストレスというか、

追い詰めてしまいます。自分を、、、、。

頭にはあるけれど、うまく描けないことってありますが、

それをあきらめることができないからしんどいんですよね。

技術も、能力もないから、、、ひたすら、うみのくるしみと、ねばりと

靖子ちゃんのサポートをうけながら明確にしていくしかなくって、、、。

自分が自分の思いに妥協することが一番怖い、、、、。

妥協しない自分を信頼しているから、信頼をうらぎりたくないし、、、。


妥協しない、、、っていうと、かっこいいけれど、ただ、自分のなかでの最高を出すまで、、、ってことで、世間でいうと、、、

おほほほ〜〜〜〜お恥ずかしい程度かもしれませんが(笑)

人や世間とは、全く比べてはなくて、自分がオッケイだしたかどうかが心の気持ちよさですぐわかるので、逃げられませんね〜〜〜。

そういう意味でも2作目、、、というプレッシャーはなく、
毎回作るたびにプレシャーいっぱいです!!^^

それから、たくさんの方からいろんな言葉もお聞きします。

これもまた、新しい領域の挑戦で、、、

これ、乗り越えたらどうなるのかなぁ〜って楽しみです。
たとえば、、、

「2作目が1作目を超えないと、後の作品はないで〜」

「1作目の超えるものはもう出てこない」

「2作目か〜〜〜、、、、どうかなぁ???」

「そうは、うまくいかんで〜」

「どうして、かっこさんじゃないの?」

「なんで作ってんの?」

「映画になるの?」

「なんだかなぁ〜」

「2作目はむずかしいで」

などなどと、他にもた〜〜〜〜くさんの言葉をいただきました。

その度に、みなさんの言葉になるほど!と納得し、自分自身に

「やめといたら?」と必ず言ってみます。

または、

「それも言えてる言えてる、、、じゃ、私はどう感じてるんやろ?」

と心に思うと、、、

「いけ〜〜〜〜〜〜〜!!!やる!!!」

と、一点の曇りのない返事が、私の心から返ってきます(笑)

別に負けずぎらいとか、後にひけない、、とかはまったくそんなんではなく、誰かが決めてる!って感じですね。

ど根性がえるのピョン吉が絶対やるらしいです。

ひろしの私は、弱気になり、しんどくなり、不安になり

悲しくなり、大変になり、

毎回ピョン吉に「どうするん?」と聞いてみますが、

やめる、、、と弱気になったことは一度もないんです。


ピョン吉は決めているらしい


もうすでに、1作目を作りおえたときから、状況はまったく違います、、、。

無知ながらに、手探りで映画を作ったという経験があります。

1作目のように真っ白ではありません。

だから、知識がありながら、、またまた頭を白にして、

1作目での成功やパターンや知識にも制限されない自分を作るのに、

1作目以上に苦労しました。

このちょっと知識がありばがら、なんの制限もなかったらどうしたいのか、、、と考えてする映画製作は、まったくの初めての経験!


だから、私にとっては、こんな創り方なのでまったく初めての映画製作って感じがして、

2作目といいながらも、私にとっては初作品の気持ちです、、、。

まぁ、慣れない、、というか、学ばないってことかもしれませんが^^

だから、今回の作品に1作目のなにも影響をうけていないように思うなぁ。

私の中にあるものを出すから、1作目と同じ匂いはぷんぷんかもしれないけれど、
私としては、まったく、新しい作品に仕上がってきていると思っています、、、。

だから、自分の感じることも1作目とはぜんぜん違う、、、。

前より、私自身がいろんなものをうけいれられるようになった分、

人生はあ〜でもあり、こ〜でもあり、、、と自由に描けているように感じています^^

だから見る方の観点もいろいろで、いろんな感じ方がた〜〜くさん、出てくるだろうなぁと思います。

靖子ちゃんでさえ、私の作ったのを見て、、、

「そう、描くか!」と想像とは違ったそうです。

それほど、ドキュメンタリーって、描く側の観点でかわるんだなぁとつくづく感じました。

かっこさんのことも、今回の1作目はある側面を描けただけでしょう、、、。

もっと、深く、やさしく、ピュアでそして、神聖なところなどたくさん

あると思います。

人というのは、もっと多面体で、あ〜でもありこ〜でもあるのが人の素晴らしさ、、、

そんな気がします。

ドキュメンタリーは難しいわ〜〜〜!

正解なんてないけれど、私の感じた側面しか、描けませんからねぇ




だから、この言葉は最高だなぁと今、つくづく感じます。



「人生、、、い・ろ・い・ろ」



島倉千代子のものまねで、しめます(笑)

救いの中山靖雄先生☆

  • 2008/05/12(月) 21:16:41

5月5日の豊中の上映会で、先生が腰を骨折されたとお聞きしていたので、マッサージをさせていただきました。

その時にいろいろお話させていただいて、またまた感動、、、。

そして、その後、私は、2作目制作中の「抵抗」や「不安」などもあったので、先生にお電話した、、。

「遊びにおいでよ」その言葉ですぐに今週の土日に伊勢に飛んで行きました。

土日には珍しく、お客様は私と靖子ちゃんの二人だけ、、、。

土曜日はしっかり先生のお話をお聞きし、夜はたっぷりマッサージをさせていただきました。

ありがたいことです、、、、。

先生はとてもおちゃめで、私も靖子ちゃんも大ファンです。
私たちは、そんな感じで、先生をマッサージしながら、くだけた雰囲気の中、たくさんお話をさせてただきました。

その中のお話の一つです。

「先生、、、映画作っている中で、抵抗や不安、、いろんなものがでてくるんです。内側を整えて、映像に向かいたいんです。
どうしたらいいんでしょうか?」

その質問に

「映画が完成したら、抵抗はなくなるよ」

「え〜〜〜〜〜〜そんなんだめです。無くしてから、作品にかかりたいんです。」

「無理だよ、、、。船もそうでしょ。抵抗があるから、進むんでしょ。
前にすすんでいるってことだから、、、、。
なくならないよ」

私も靖子ちゃんも目からうろこ、、、。

どうしても不安や、いろんなものがじゃまに思えていたのです。

「うまくいっているよ、、、。大丈夫、、、。
いい風にってだけいのればいいんだよ。がんばれ」

そう言ってくださいました。

今、2作目を控えているのは、私だけではなく、靖子ちゃんもです。

私以上にまじめな靖子ちゃんも、作品つくりこわがっているのです。

靖子ちゃんも、ほっとしたのか、、、泣き出しました。
すると先生が

「靖子ちゃんはまじめなんだよなぁ〜。ここのいいかげんおねえちゃん(私か!!!)がついてるから、大丈夫だよ」と励まされました。

私が笑っていると、私のことを、、、
「この人、それほど悩んでいないんだよ。やるってきめてるからね。客観的にみているところもあるんだよ^^」

とお話してくださりふたりとも、心の不安も抵抗もなくなりはしていないのに、軽くなりました。

このままでいいんだよってメッセージはやっぱり人を幸せにしてくれる体験をしました。


私は、今度の靖子ちゃんの2作目は、プロデュースコーチをしています。
「ふ〜ちゃん、、、よくこんな怖さを乗り越えたね。はじめてわかった」そう話す靖子ちゃん、、、。

私は全力で靖子ちゃんのことを、その思いを信頼し、支えになりたい、、、。
中山先生みたいに、相手をがんばらせるのでもなく、かえるのでもなく、力がわきあがるようなサポートをしたいなぁって心に強くちかいました。

伊勢の旅はすばらしかったです^^

帰りには、中山先生の専属マッサージ師として登録してきました(笑)

ありがたい人たち☆

  • 2008/05/09(金) 17:19:35

今日は、光彩〜ひかり〜の奇跡のイベント運営の集まりでした^^

例のごとく、梅田デリカフェでやりました。

朝9時から11時という予定で、平日にも関わらず、ハギーにしおまん、アルバさんにおのっち、靖子ちゃんとみんな本当にありがたいなぁと思う。

終わったら、みんなが各自の仕事に戻るっていう感じ、、、。

でもハギーにしおまん、アルバさんはその後も映画関係のことでで残ってくれて、、、。ありがとうございます。

1/4の奇跡の時のイベントつくりとは、ぐ〜〜〜んと成長しているよなぁ〜〜〜。みんなありがとうございます。

「ふ〜ちゃんの仕事はミッションを持ち続けること!」

そうみんなが言ってくれる、、、、。そんな社会があるなんて、、、。

それを許してくれるなんてそんな幸せなことがあるんですね。

これまで、苦手なこともやって、役に立ってこそ、存在している価値があると思ってがんばってきた、、、。そして、小さくまとまってきた、、、。

役割分担のときに、

「ふ〜ちゃんは、好きなこと言うのが仕事」

「この役は急に言ってること、変わるのが普通」

組織図の中のその位置に私の名前が書かれる。

つまりオーナーであり、ミッションということ、、、。

そう言いながら、周りを固めてくれる人達、、、。泣く〜〜〜

「自由にいながらも、各自目標を決めて動こう、、、」そう提案してくれたはぎ〜〜〜〜!
はぎ〜はいつも話しをうまく運んでくれるし、分析も上手なので、
みんなたよりにしている、、、。

つまり組織つくりのリーダー的存在です^^

「もっともだ!」そう思う私と「イヤだ〜〜〜!目標もちたくない〜〜〜」とだだっこになる自分があった。

心に感じていることはもっと壮大だから、目標たてたら、頭で考えることだから、絶対小さくなる!!な〜〜〜んて思いながら、
ただ、きちんと決めてやるのが苦手な私というのもある、、、(笑)。

「私だけ、目標もたさんといて〜〜〜」と靖子ちゃんに言うと、

「そんな考えあるんや〜〜〜(笑)リーダーが目標もたさんといて〜ってめちゃめちゃおもしろいなぁ〜!気楽なったわ〜」

なんて話をしていた。

そんなこんなしていたら、私の心から、うわ〜〜〜〜〜っと浮かび上がるわくわくする目標が浮かんでびっくりした。

「目標もちたくなかったはずやん」そう思ったけれど、それは、

こうやってサポートしてくれる人、そして仲間たち、そしてこれに関わってくれる人達がすべて幸せになること、、、、。
幸せはいろいろあるから限定はしないけど、ただ幸せでいてくれること、、、そのことを思うと、どこからか、力がぶわ〜〜〜〜〜〜っと湧いてきて、「私、なんでもやる!」とまたまたおおばかもんになれる力が湧いてきてびっくりした。

私は、人のことなんて考えられる人ではありませんでした。
今も、、そんなゆとりのある心豊な人でもないけれど、仲間の笑顔とか、一緒に感動できることとか、いろんな経験を共有して泣いたり、わらったりできることが本当に幸せだなぁって思えます。
もし、みんなに何かあったら、(ないけど、、ここからドラマですね)
両手を広げてみんなの前に立って守りたい、、、
そんな思いが溢れ、
自分の強さにも驚きました^^

こんな私に出会えておどろきました。

でもこんな私に出会わせてくれたのは、映画の仲間たち、、、、そして、応援してくれる人達、上映を主催してくれる方たち、見てくれた方たちなんです、、、。

こんな自分をひきだしてくれたのは、こんなありがたい人たちなんです。

各地上映してくださる素敵な方たちなのです、、、。ほんまに涙でます。

よし!!!後、必要なのは、
「決めること」
「祈ること!」
「笑うこと」
かなぁ〜〜〜。

毎日、映画製作、、、心に不安が乗っているけど、これも良し!
不安なまま進みましょう〜〜〜

あほで良し!

「神秘は詮索しない」頭で考えるとだめ、、、。
そうしないと、命がよろこばないんだよね〜〜〜

「神様のお仕事だよ」
そう言ってくださった中山先生のもとに、明日から靖子ちゃんと一緒に行って祈ってきます^^

いってきま〜〜〜〜す^^


ラジオ出演^^子連れです☆

  • 2008/05/08(木) 22:46:59

今日はラジオの収録でした。

子ども達が撮ってくれました。

ラジオに出たい〜〜〜っと嬉しそうで、とってもたのしかったです。

くりりんもこどもたちもありがとう〜

ママはみんなに支えられているよ〜〜〜

オンエアは5月28日水曜日、FM789 きらきらトゥモロウです^^

エブリシングイズオーライが流れま〜す

1マイ目は、スタジオ内、、、

2枚目は、ビルの外のテレビジョンに大きく映し出されているのです^^

こどもたちは、ガラスの外から、テレビジョンを見たり、直接みたりしながらやっぱり、走り回っていましたが、くりりんが、にこにこと見守ってくれていて、幸せでした〜〜〜

ありがとうありがとうありがとう〜〜〜


続きを読む