すべてはネタ!と乗り越える^^

  • 2007/12/30(日) 10:26:25

もうすぐ来年です、、、。

映画製作、1作目も
1作目の映画を作りながら、、、、、、
1000人の集客をしながら、、、、、
ボイストレーニングを受けながら、、、、

の映画制作だった。「映画だけ作らせて〜〜〜」
そんな思いであがいていた。

2作目も、「これだ!」と言う感覚が見えてこない。
制作だけを考える時間もあまりにもなさすぎだ。
「これだ!」って、自分が納得しないかぎり何もすすまない><

1/4の奇跡の世界へ向けての様々なプロジェクトにみんな大忙し。
すべてがうれしいことで、しんどいことは全くない。
ありがたくてうれしくて幸せをかみしめている。

でも時間や余裕はまったくない(笑)
2作目に対して応援してくださる人に申し訳ない気持ちが浮かんできたりと、いろいろいろいろ結構これでも一人苦悩はしている。

本当に真剣に考えていることを私は人に伝えない傾向が昔からあるんだよねぁ。
でも今回、本を書いてみて、日記をふりかえることで見えてくるものがあるので、表現していってみようって思えている。

これからの作品を〜〜〜2作目だと私は思わないことにしている。
そこをこの大晦日に家と一緒にきれいにしようと思っている。


2作目と言う、限定やパラダイムの中にいることに気付いたから^^

1作目のうまくいったこと、成功したこと、奇跡が起きたこと、そのときの方法ややり方さえ、新しいことをやるときには、制限なんじゃないかな?って感じる。
それさえ、びよ〜〜〜んって感じないほど、わくわくしながら作りたい^^だから私はいつも「これは正しいのか?間違っているのか?」
な〜んて頭で考えたときはアウト!にしている。
ワクワクしているときは絶対そんなこと考えないんだ。
そう思っているときは、すでにワクワクもどき[m:42]

うまくいったことを大切に感謝しながら、さらにいつも限定のないところから映画を作っていきたいなぁって思っている。

それが今回の挑戦^^これ、、、かなり面白い挑戦ですよ〜〜〜
「どうしよ〜〜〜でけへん><」と焦るときは
中村文昭さんのように「すべてはネタ!」と自分を笑わせる(笑)

比べるものはなにもない〜〜〜
私の原点は、あの大晦日の夜に感じた、溢れる感謝のエネルギーだけ。
そこにいつも戻ろう〜[m:49]これだけは確かなんだもんね〜。

説明できない、説得もできない、自分さえ不安だけど、自分の感じている感じを信頼して進めるかどうかが私の挑戦^^
「だれの期待にもこたえない!」
そう自分に言い聞かせながら、心の声に耳を澄ませ、たくさんの人に感謝をお返しできる作品を作ることができたら、、と思う。

家と一緒に無駄な気持ちはおそうじおそうじ、、、。

この軽い葛藤も年内に大掃除して来年からは、ねずみのように猛ダッシュ〜

感動のレコーディングと無料イベント

  • 2007/12/20(木) 08:58:14

昨日は朝の9時半から、夜のなんと8時まで
ぶっつづけの英語版「エブリシングイズオーライ」のレコーディングでした。この日まで、英訳チームのゆきちゃんが、週に2回は会社終わってから我が家にきてくれて、くりりんと私に英語の猛特訓をしてくれていました。ひとしれず、闇練してんですよ(笑)
そりゃ、ゆきちゃん本気本気!ゆきちゃんを見てて
「私、映画つくってるとき、みんなにこんか感じやったんかしらん?」と絶対妥協もあきらめもしないで猛特訓!!!

でも最初に聞かれたんだ〜私。
「ふ〜ちゃん、どのレベルまで、いきたい?私は教えすぎて、そこまで望んでいない人にはいやがれるねんやんか〜(笑)」というゆきちゃん。

きっと過去の経験からこんな質問がくるんでしょう。

その質問に、時間もなく、英語なんてできない私の答えは「そこそこで〜」って思ってるのに、「この映画に妥協なんて似合わない!!」そんな思いがある私、言った言葉は

「ネイティブに聞こえるまで」アホか〜〜〜〜!やっぱり言うてもうた〜!くりりんの気持ちも聞かず答えてました(笑)

ゆきちゃんは「やるねんな!わかった」

じゃ〜〜〜ん!お互いのスイッチが入ったのでした。
と、かっこよく言っても出来るはずはありません><

「英語はもっとパンチきかさないと伝わらない!」
「もっと最後まで気を抜かずに」
「発音が、、、、舌が、、、、、口の形が、、、、、」
とレッスンは続きました。でも、ものすごいパンチのあるエブリシングイズオーライになっていて映画には合わない。
くりりんもちょっぴりそれを心配して私に言ってくれた。
でもゆきちゃんが言ってた。
「力を入れて歌えたら、力を抜いて歌うことができる。でも最初から力がない歌とは違う」みたいなことを、、、。だから突き抜けてみようと思った。くりりんも私もやってみた。


そして当日、、、、。
やっぱり元気のある歌ではギターに全くあわない、、、。
それでもスムーズにレコーディングが進んだ。英語版ではゆきちゃんも歌ってくれているんだけど、ゆきちゃんの部分だけが元気がよかった。でもゆきちゃんは自分でそれに気付きすぐなおしてやわらかく歌いなおしていく。

なんとみんなで107テイクもやり直したんだけど(下手やからだけど(笑))つかれて立っているのも大変だった私。もう歌えないって感じにつかれていた。でも私のソロが残っていた。いいテイクが録れず最後にもう一度録ることにしていたのです。
会場出る時間もせまってるなぁ、、、時間もないし大丈夫かな〜。

でも歌ってみたら、力も向けてめちゃめちゃよくて、みんなから一番いいやん〜〜って言われた。
途中で歌詞の中の「一羽のすずめ」が見えて泣きそうになったりしながら、、。
疲れて、ぐたぐたなくらいでちょうどいい、私とゆきちゃんなのでした。
くりりんは普通で力抜けた感じなので(笑)

最後にゆきちゃんが
「私、、、、力抜くことの大切さ、今日学んだわ〜〜〜」と言っていた。みんな笑顔のにっこにこ^^本気っていいなぁ〜〜


そうそう、今回は靖子ちゃんもコーラスで入ってる。おのっちもきてくれたし筒井タケオさんもきてくれた。英訳チームのアルバさんものぞいてくれた。

レコーディング終了後は、残っていたみんなとエンジニアの方で道の真ん中で円陣組んで抱き合ってお別れしました。

青春だなぁ〜〜〜〜〜^^
新しく、CDに追加する英語版エブリシングイズオーライ楽しみにしていてくださいませ。


ではお知らせです^^



◆ 日 時 ◆

12月21日(金)AM6:30〜7:30

◆ 会 場 ◆
チサンホテル心斎橋2階 駐車場なし
      
大阪市中央区南船場2−4−10地下鉄堺筋線「長堀橋」すぐ ?06−6263−1511
   


駐車場は、、、、、近隣P ティーファス南船場 午前8時まで ¥100/1時間




明日、12月21日(金) 入江富美子さん 
映画「1/4の奇跡〜本当のことだから」女性監督  
「嘆きの中で見つけた感謝という魔法」

講話概要
大晦日の夜に突然ひらめいた! 「宇宙に感謝の量を増やす映画を作る!」
映画製作経験ゼロ!技術なし、お金なし、人脈なしのないないづくし。
ホームビデオ片手に駆け回る1年でした。
感謝できなかった私に感謝があふれるように湧いてきたとき、

人生がかわったのです。
「現在、過去、未来さえも変えられる感謝と言う魔法」
を伝えずにはいられないのです。

プロフィール
ある大晦日の夜、「宇宙に感謝の量が増える映画をつくりたい!」と
一念発起し制作したドキュメント映画『1/4の奇跡〜本当のことだから〜』
は各地で反響を呼んでいる。 
「監督」「ミュージシャン」として講演に全国を飛びまわるミラクルおかあちゃ
んです。



2007年12月23日(日)

☆日進市民会館 大ホール (1,000名)
 http://www.nissin-assist.co.jp/kaikan/access/index.html

☆名鉄豊田線「日進駅」下車徒歩20分
 名鉄バス「蟹甲」下車徒歩1分
 日進市内巡回バス(くるりんばす)「市民会館」下車
 http://www.city.nisshin.lg.jp/shisetsu/bus/index.html

☆開 場        12:30
  1/4の奇跡上映会   13:30〜15:25
  山元加津子さん講演会 15:35〜16:45

☆料金:日進市のご協力で 無料です!! (直接、会場へ起こし下さい)
  主催:日進市(企画運営:じゃんぐるじむ)


講演会の後で、映画主題歌 エブリシング・イズ・オーライに
手話をつけて 子供達やみんなと一緒に歌います。

手話コーラス 動画を作ってくださいました
http://f.flvmaker.com/mc2.php?id=hHxcPpC7XhMULHK_GXIJNlqx2ByJyosf7NOlWQY4hkiKaWPUmblFQs&logoFlg=Y